ブログ論 実名vs匿名 【筆者は100%匿名です】

Blog Job life

こんにちは、三代目ナポリタンです。

今回、ブログで実名or匿名で書くべきか論争に終止符を打ちます。

結論から言いますと、、、、どちらでもいいです。

なぜかといいますと、匿名でも実名でも内容が読者にとって有益なものであれば

筆者の名前はどっちでもいいのです。

スポンサーリンク

ブログ論 実名vs匿名 【筆者は100%匿名です】

実名を出すほうがなんかいいと思われがちですが、上記に書いたとおり

どちらでもいいのですが、筆者は匿名です


・理由①:自分の知っている人にバレるのがイヤ 

・理由②:匿名のほうが神秘的でかっこいい
・理由③:名前より内容で勝負しているから

    

上記3つが理由ですね。

自分の知っている人にバレるのがイヤ

正直、自分がブログを書いているなんて誰も知りませんけど、、

でも実名で書いていたら、誰かにバレる可能性はゼロではないです。

これは個人的な理由でしかないのですが、もしバレて金を請求される可能性もありますよね?(かなり低いですが、、、)

そういったリスクヘッジのためもあります。

あと単純に本名が好きではないこと。

これが最大の理由ですね。

                                          
  

・ちきりんさん

・ヒトデさん

匿名でもぜんぜん稼げている人はいっぱいいます。

ですので、個人の趣味としか言いようがないですね。

※友人・知人や家族にブログ書いていると言ったらバレる可能性は上がりますよ?

ネットの世界ですからね。アクセス数が増えるとそれだけバレる可能性が高まるのは当然です。

ブログを書いていると言わなければいいのです。

※2021-11-29 補足

実名に変えました(笑)ただローマ字で書いてます。そして顔出しもしてます。ほぼほぼ隠してますが。、、

変えてから、その影響なのかアクセス数は順調に増えていってます。

匿名のほうが神秘的でかっこいい

ファンタジー, 洞窟, 神秘的な, 岩, 石, ポータルを洞窟します, おとぎ話

完全な独断と偏見ですが、神秘的というか読者にとって書いている人が誰でもいいと思うんですよ

正直、ブログは内容で勝負するものなので

実名で書いても、読者が見たとき「この人だれ?」ってなりませんか?

ほとんどの人がなると思います。

そのため、ペンネームでもいいし実名でもいいのです。

ブログが読まれ、少しづつ信頼性・権威性が付いてきたら実名で書いていると効力が発揮します。

名前より内容で勝負しているから

上記の繰り返しですが、内容で勝負するのがブログです。

運営者の名前は「どうでもいいのです

文章が得意でも不得意でも内容が読者に有益なものであれば

実名でも匿名でもどちらでもいいのです。

文章力は大事ですが、他に大事なことがある

文章力も大事ですが、他に大事なことがあります。

それは「権威性」です。

権威性が重要

何を書いたかよりも、誰が書いたか重要になってきます。

つまり書いた人の実績があればあるほど、ブログの価値が上がります。

月収〇〇万円で実名&顔出し

ここまでしていると信頼されますね。

アフィリエイトの収益を公開していたら、なおいいでしょう

結論、権威性をつけたいなら実名のほうがいい

冒頭でどっちでもいいとお話しましたが、

どちらでもいいです。

ですが、ブログの権威性をつけたいなら「実名」がいいです。

ただ好みですのでペンネームじゃなきゃ嫌だ

という人はペンネームでいいのです。

権威性は実績を重ねて作るもの

そもそも「権威性」ってどうやってつくるのか

結論、長年の実績からです。

ブログで4年、5年と継続して書いていること。

そして収益が多くあることですね。

ASPの収益をTwitterで公開するとか

ブログのアクセス数をブログ上で公開するなどして世間に示してください。

そうすれば、「あっこの人はこんなに稼いでいるだ〜」と知ってもらえます。

そこから権威性が付いてブログのアクセス数が伸びていきます。

誰に届けるかが大事

いわゆるペルソナですね。

想定読者をいかに設定するかが重要。

匿名だろうと実名であろうと、関係ありません。

想定読者をしっかりと設定して記事を書いていけば、かならずアクセスは増えます。

当然ですよね。まったく関係のない人に記事を書いても読まれないですし、意味のない「いわゆるゴミ記事」となります。

そして継続して実積を作っていけば「権威性」が付くんです。

今回は以上になります。

↓合わせてお読みください

関連記事:ブログが継続できないと悩んでいる人へ、70点ぐらいの力で書いてみましょう。

関連記事:大企業が安泰という時代は終わっているお話【これからは個人で稼ぐ時代】