ブログが書けない理由。それは「ブログに本気で取り組んでいないから」

Blog Job life

「ブログが書けない。」

「文章が思いつかなくて、筆がすすまない」

こんにちは、三代目ナポリタンです。

今回、こんなお悩みにお答えします。

結論、ブログに本気で取り組んでいないからです。

本気で取り組んでいれば、ブログは書けます。

書く時間がない〜」「ブログのネタがない!」

などと言い訳する暇なくスラスラ書けるのです。

ですので、本気で取り組んでください。

スポンサーリンク

ブログが書けない理由は、「本気で取り組んでいないから」

美しさ, 屋外, 女性, 顔, 肖像画, 悲しい, 深刻です, 若いです

本気で取り組んでいないといっても、「本気で書いてますよ!

と思っている人も多いかもしれません。

ですが、「時間がない」「ネタがない」「気分が乗らない」など言い訳をしていませんか?

本気で取り組んでいれば、そんな言い訳はしないはずです。

要するに、気合いの入れようが違うんです。

ブログで稼いでいこうという「気合い」が足りないです。

ブログを書くのに、特別なスキルはいらない

スキル, ことができます, スタートアップ, を起動します, 財団, ビジネス

月収2000万円あるスーパー高校生だとか

年商1億円超えたなど、すごい人がいっぱいいますが

その人たちが書く文章は、やはり人を納得させる力がありますね。

理由として


・実績がある

・その実績を具体的に公開している

上記のように経験と実績から人を納得させるのです。

ブログを書く人がみなすごい文章力を持っているのか
というとそうではないのです。

今ある経験や実績を過去の自分に向けて書いてください。

ちょっとした記録を残す感じですね。

5年前の自分に向けて書くといいです。

過去の自分に向けて、「あのときはこうだったんだよ」と

振り返ることで自分の成長が分かります。

あのときは、まだまだだったけど、

今はこんなに成長したんだ」と過去の自分に届けてください。

ブログが書けないのなら、肩の力を抜いて書きましょう

ブログが書けないのなら、肩の力を抜いて書いてください。

なんにも余計なことを考えることなく、

ブログを書くだけ

あなたの前には「キーボード」しかありません。

というかキーボード以外置かないでください。

    

「ブログ、ブログ、ブログ、ブログ、ブログ、ブログ以外のことを考えてはいけません」

    

参考書は必要なようで必要ない件

メガネ, 読み取り, 学ぶ, 本, テキスト, 蛍光ペン, ペン, 知的, 形成

ブログが書けないときは、なにか参考書読みたいなって思うときありませんか?

でも、参考書は読まないでください。

筆者はAmazon Kindleで4〜5冊読みました。

そんなに参考にはなりませんでしたね(笑)

ブログだからちゃんとした日本語で書かないとダメなのかな〜って考えて

堅くかしこまって文章を書かかなくてもいいのです。

自分の考えを、自分の言葉で伝えればいいのです。

え?本が読みたいのですか?

「ブログを書くための本」とか「文章術」の本とかではなく

面白そうな小説を読むといいかもですね。

好きなのは柚木麻子先生の「3時のアッコちゃん」

文章の雰囲気が好きどす。

Amazon Kindleでもいいけど、

ちゃんと紙の本でいつか出版してみたいなって思ってます。

紙の本で出したら「ステータス」が上がった気がして

カッコイイ感じがしません?

出せるように頑張ります。

ブログを続ける方法、シンプルイズベスト

ものすごく、シンプルですね。

「すべてのことにおいて、ブログを最優先して書くこと。」

これだけです。

ブログを最優先して書く、書く、書く

シンプルなもので、朝起きてすぐにPCの前に座る。

歯を磨いたら、ブログ、朝ごはんの前にブログ。

もうブログを全てのことに最優先してください。

これを1年を続けてみてください。

それまでには習慣になっています。

筆者もまだブログ書き続けて65日間ぐらいですが

習慣になりつつあります。

まとめ:ブログが書けないは”幻想”

       

「まぁぼろし〜〜」

       

       

どこかで聞いたことのあるセリフですが(笑)

マジで、ブログが書けないのは幻想です。

ブログは習慣化したら、無意識のうちにキーボードの前に座っています。

そしてブログを書き始めているのです。

読書をしながら、ブログの参考にした本をご紹介します。

✔️メンタリストDaigo 「人を操る禁断の文章術」

ライティングとは関係のない内容なんですが、

心理学系の本になりますね。

     

✔️すごい、文章術の本

ものすご〜〜くわかりやすい本で、この本で自分の文章の基礎を学ぶことができました。

まとめになりますが、ブログは書けないのではなく「気合いが足りないだけ」です。

すべてのことに最優先でブログを書くことに注力すれば

かならずブログをスラスラ書くことができます。

今回は以上になります。