色彩感覚が優れている人のおすすめのお仕事5選!!【写真家・料理人・漫画家】

Job


「色彩感覚がある人はなにができるの?」

「どんな仕事が向いているんだろう?」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、こんなお悩みにお答えします。

スポンサーリンク

色彩感覚とは

夏野菜集合 トウモロコシ トマト じゃがいも fd400640

色を感じとる能力。また、色を使いこなす能力。

色感。 

色彩感覚が高い人の特徴

男性より女性のほうが色彩感覚が高い傾向にあります。

幼少期の環境においてカラフルな色やインテリアなどに囲まれた生活をしていると色彩感覚が高いと考えます。

色彩感覚に優れているとただ目が良いのとは違い細かい色の違いがわかったりします。そうすることで少しの色の違いが致命傷になるような仕事に就きやすいのです。

おすすめのお仕事

色彩感覚に優れている人におすすめの職業をご紹介します。

漫画家

ペン, 色鉛筆, 描画, 指摘, 色, ペイント, 書きます, オフィス

漫画は基本書くときは白黒が多いと思いますが、連載でたまにカラーで描かれているものもありますよね。連載以外にもカラフルに色を使い分けて描くことも求められているので色彩感覚にすぐれている人は向いていると考えます。

メイクアップアーティスト

色はそのときの季節感や表情、様々なものに影響します。

そして色は一人歩きしやすいものです。そこで重要になってくるのが色彩感覚、そこがズレてしまっては、その日のトータルファッションにも影響しますし、何を主張したいかが分からずオシャレであるとは言えません。

決して色が一人歩きしない、そのタレントになじむ、且つトレンドを意識した色彩が扱われているのです。

そこで特に優れた色彩感覚が求められます。

スポンサーリンク

料理人

サラダ, 食品, イタリア, おいしい, 木造, 料理, プレート, グルメ

色合いが重要な料理。やはり色彩感覚が豊かでないと見た目が良いものを生み出すことはできません。

腕前はもちろんですが、具材の組み合わせなどが問われる仕事。そこに普通の人よりも高い色彩感覚を求められる。

デザイナー

生活の中で目にするさまざまなモノには色が存在すると同時に、その色である理由もきちんと存在する。それだけに、ビジュアルデザインを手がけるクリエイターは、色彩の使い方ひとつで制作物の完成度がまったく変わることを念頭に置く必要があります。

 

 

 

 

 

 

写真家

カメラマン, 大人, 女性, フォト, 画像, 写真を撮影, カメラ, カノン

写真家も色彩感覚を求められる仕事。

  

まとめ

色彩感覚は育ちの環境で変わってくるそうです。

感覚が優れている人はデザイナーや写真家の仕事をしてみてはいかがでしょうか。