大学生のバイトは時間の無駄です!【自分で稼ぐ力を身につけましょう】

Blog

「大学生だけど、時間を切り売りしているバイトが無駄に思えてきた。だけど、バイト以外でどうやって稼げばいいのだろう。ついでに、稼ぎかたを知りたい」

大学生だけど、時間を切り売りしているバイトが無駄に思えてきた。

だけど、バイト以外でどうやって稼げばいいのだろう。

ついでに、稼ぎかたを知りたい

本記事では、下記の内容を解説します。


・バイトは無駄という考え

・ではどうやって稼げばいいのか

スポンサーリンク

バイトは無駄という考え

カフェ, レストラン, コーヒー, バー, ビジネス, 人, テーブル, パブ

大学生のバイトは無駄です。

理由として3点あります。


・時間の切り売りをしている

・人に雇われている
・頑張っても月7、8万ぐらいが限度

それぞれを考えて見ましょう!

時間の切り売りをしている

バイトは時給制のため、時間でいくらという給料です。だいたい都内であれば1時間880円ぐらい。1日3〜4時間労働で日給3520円。週3勤務で月給42000円ほどです。

正直、これでなにができますか?

携帯代、服代、遊び代ですぐ消えます。

これやるくらいなら学校の図書館で本を読んでいたほうがマシです。

人に雇われている

バイトをする上で当たり前なのが、「人に雇われている」という点。

この時点でお金を稼ぐことができないのが事実。

飲食なんかは典型的な例でして、利益はほとんど経営者が取って従業員に回るのは微々たるもの。

稼ぐなら経営者側にまわらなければお金を稼ぐことができません。

頑張っても月7、8万ぐらいが限度

さきほど書いたように週3勤務で月給42000円ほど。

コンビニ夜勤ですと時給1100円ほどですので、週3勤務でも7、8万ぐらいだと予測されます。

一人暮らしの大学生でもギリギリの生活。仕送りがなかったらなおさら生活するのも大変。

どうやって稼げばいいのか

お金, 現金, ツリー, 散水, 手, 投資, ビジネス, することができます

ブログをつくりましょう

バイトをしないのであれば、どうやって稼いでいけばいいのか?

結論、ブログを書いてアフィリエイトで稼ぎましょう!

理由としては2点。


・低い料金で始められる

・月収10万以上は稼げる

低い料金で始められます

おすすめはWordPressというツールでブログを書くことをおすすめします。

レンタルサーバーを借りれば、無料でWordPressを簡単にインストールできます。おすすめはエックスサーバーですね。月額1200円と低料金で借りられるのがポイントでWordPressも使えます。

月収10万以上は稼げる

ブログで稼ぐのに多少時間はかかります。早い人ですと3ヶ月ほどで月収10万円を超える人もいます。
ですがほとんどの人は1年以上はかかるのでその部分は覚悟しておいてください。

ブログの作り方


・無料ブログ(アメブロ、ライブドアブログなど)

・WordPress

ブログの種類はこの2つがあります。 

おすすめはWordPressです。

理由はカスタマイズが自由にできるからです。アメブロなどは自由に広告を貼ることができないのでおすすめはしません。

ブログで稼いでいる人はWordPressがほとんどですので、WordPressを使いましょう。

ブログの実例

マナブさんのマナブログです。

月収数千万円を稼ぐというこのマナブログ。

まさに神ですね。ブログの書き方や関連する情報を惜しみなく提供していて
初心者には有益すぎる記事ばかりです。

ヒトデブログ。

ヒトデさんが運営するヒトデブログも、ブログの書き方など基礎的なことを学べるブログで、雑記ブログですがテーマを絞って書かれていて、興味のある内容でもそうでなくても、読みやすい文章になっているブログです。

このようにトップブロガーの人の記事を読んでこういう構成だとかこういう記事の書き方などを勉強するのに最適なブログです。

TPP(徹底的にパクれ)という言葉がありますが、ほんとうにパクリまくってください。

※記事の文章を1字1句まるパクリはだめですよ?それだと訴えられるのでね
記事の構成とか書き方をパクって自分のアレンジでブログを書いてください。

まとめ

今回、いかがでしたか?

大学生でバイトは無駄だということを解説しました。

自分で稼ぐ力を身につければ、就職しなくてもめちゃくちゃ稼げるようになります。

結論、会社に入っても月収20万がいいところ。満員電車に揺られて会社に行きストレスを溜めて遅くまで働いても給料はなかなか上がらない。こんな人生なにが楽しいのでしょうか?

大学生のうちから個人で稼ぐ力を身につけていれば、自由に人生を送ることができるのです。