ブログの1記事あたりの文字数は目安はどれぐらい?!【結論、決まりはありません!!】

Blog

「ブログの文字数はどれぐらいが目安なの?」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「ブログの1記事あたりの文字数はどれぐらいが目安なのか」について解説します。

結論、何文字でもいいです。

ブログを書くのに文字数は関係ありません。

そして、決まりはありません。

重要なのは「文字数」よりも「読者に有益なコンテンツ」であることです。

もっというと、書いていると自然と文字数が多くなっていくもの。

最初から気にする必要はないのです。

スポンサーリンク

ブログの1記事あたりの文字数の目安

ラップトップ, Workstaion, オフィス, 仕事, ビジネス

ブログの1記事あたりの文字数の目安ですが

結論、「何文字」でもいいです。

ブログの文字数は「何文字でもいい」

何文字でもいいです。

500文字でも3000文字でもいいのです。

決まりはありません。

ただ少なすぎても検索上位に入るのは難しいです。

100文字ぐらいでは無理でしょう。

たとえばキーワード「ブログ 書き方」で記事を書くとします。

そのキーワードを網羅するぐらいに記事を書いていれば

自然と長くなりますよね?

決まりはないのですが、「1500文字」は書いたほうが無難ですね。

本質は文字数よりも読者のニーズに応えること

文字数よりも「読者のニーズ」に応えることが重要。

Googleが評価するのは、文字数よりも内容です。

いかに内容が読者(ユーザー)にとって有益なものかどうかを判断します。

ブロガーはGoogleのために記事を書いている風に思えますが、そうではありません。

読者のためにブログを書くのです。

そして、「ブログは日記ではない」です。

一般人の日記なんて誰も読みません。

記事の中身が読者の悩みや疑問を解決してくれるものなのか。

これだけです。

もういちど言います、「読者の悩みや疑問」を解決するコンテンツを作れば

文字数なんて関係ありません。

SEO的には「文字数」が多いほうがいい時代があった

Seo, 最適化, 検索エンジン最適化, プロセス, 実業家, スーツ, 指

ひと昔まえは、「文字数」が有利な時代がありました。

しかし、今は文字数は関係ありません。

やはり、コンテンツの内容が重要になってきます。

Googleが評価する項目


・オリジナリティがあるコンテンツ

・読者にとって有益なコンテンツ
・図や写真が入っている

      

などです。

文字数は少なくても、検索上位に入る記事もあります。

少なくすぎると厳しいかもしれませんが

1500文字は欲しいですね。

最初に何文字でもいいとは言いましたが

少なくすぎてもダメです。

そもそも読者に有益な記事を書いていれば、カンタンに1500文字は越しますので

文字数どれぐらいが目安?」と考えている時点でかなり厳しいと思います。

ブログの「文字数」は気にしてもしょうがない

稼げている人はそもそも「文字数」を気にしてはいません。

大事なのが読者にとって有益な記事を書くことだと知っているからです。

ですので、文字数を気にするのは止めてください。

Googleの検査結果を上位に表示させるためのSEO対策についても考える必要はありますが
読者にとって有益な記事」を書いていれば、自然と検索上位に浮上するはずです。

まとめ

いかがでしたか?

まとめますと


・文字数は関係ない

・文字数よりも内容が読者にとって有益なものであること
・文字数は関係ないけど最低でも1500文字は欲しい
・少なすぎると検索上位に入るのはむずかしい
・文字数を気にするのは止めましょう

このような感じになります

文字数は気になるところですが、やはり文字数よりも読者のニーズに応えることが大事です。

そして、ブログで稼いでいる人は文字数を気にしていません。

理由は、「読者のニーズ」を応えることだけを考えているからです。

上位勢をみると1記事3000文字ぐらいが多いように見受けられます。

決まりはないのですが、やはり「読者のニーズ」に応えようとすると

3000文字ぐらいにはなるんです。

ですので、「読者のニーズ」に応えることだけを考えて記事を書いてください。

今回は以上になります。