ブログを書くネタがない?!←これを解決する方法をお教えします。

Blog Job

「ブログのネタがない。」

「ブログを書くネタを探す方法を知りたい。」

こんにちは、三代目ナポリタンです。

今回、ブログのネタを探す方法を解説します。

ブログを書いていると、ネタに困ることはよくあります。

筆者もそうでした。ですが、今現在ネタに困ることなくコンスタントに書き続けています。

本記事ではネタに困らなくなる方法を解説していきます。

これを読んだらネタに困らなくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

ブログを書くネタがない?!←これを解決する方法

ホーム オフィス, ノート パソコン, ノートブック, スタートアップ

ネタがないのではなく、自分が書けるネタがないのです。

では自分が書けるネタを探すには?

SEOキーワードから記事を書いていきます。

読者が悩みや疑問をGoogleで検索して調べようとします。

そのキーワードが分かれば記事を書くことができます。

    

読者に有益な記事の書き方

結論、悩みや疑問を解決する記事

悩みや疑問を徹底的に洗い出してください。

そこから記事を設計していきます。

そのために「SEOキーワード」を調べる

キーワードを調べる理由は、

読者が何を検索しているかを知るためです。

そして「ネタ切れ」という問題が解決します。

記事の目的があいまい

記事を書こうとして、何を書こうか悩んでいる人が多いと思います。

それでは時間がかかりすぎてしまいますので

SEOキーワードから選んでいくと、

何を書こうかが明確になるのです。

SEOキーワードの探し方


・①カテゴリーを決める

・②キーワード選定ツールを使いキーワードを決める
・③キーワードから読者の悩みや疑問を考える

カテゴリーを決める

大まかにカテゴリーを決めます。

たとえば、「ブログ」のことを書くとします。

それを基にキーワードを探していきます。

キーワード選定ツールを使いキーワードを決める

さきほど決めたカテゴリー「ブログ」に関連するキーワードを選定ツールで探していきます。

実際にググりながらでも調べられるのですが、選定ツールを使ったほうが効率よく探すことができます。


・ラッコツール

・キーワードサジェスト一括DLツール
・RankTracker(←裏技的なツール)

キーワード選定については、上記の記事を読んでほしいですが

RankTrackerに関しては少し裏技的なことをご紹介します。

RankTracker

上位表示されているブロガーのサイトからキーワードを抜き出す方法です。

これを使うと、全てのドメインからキーワードを知ることができます。

そして検索順位、記事のURL、競合性とデータを見ることができるので

これを参考に記事を書いていくことができます。

① 「キーワード調査」→ 「ランキングキーワード」

② 「調べたいドメインを入力」

③ 「ドメイン」を選択し検索ボタンを押します。

④ 調べたドメインから「キーワード」が一覧で表示

⑤ 検索順位がランキングで表示

⑥ キーワードが検索されている数

⑦ 競合性 「高」 「中間」 「低」で表示

※補足
いくらでも調べることができますが、ただ上位表示されている記事を真似しているだけでは稼げるようにはなりません。

やはり自分で独自のオリジナリティあふれる記事を書かなければ検索順位は上がらないでしょう。

ですので、参考にする程度で使ってください。

キーワードから読者の悩みや疑問を考える

選んだ「キーワード」から読者の悩みや疑問を考えます。

たとえば「ブログ 書き方」で記事を書くとしたら

ブログの書き方がわからないので書き方を解説する記事をかけばいいのです。

このようにして、キーワードから読者の悩みや疑問を徹底的に考えぬいてください。

あと、やはり自分が書きやすいジャンルがいいですね。

まったく知らないことは書きにくいので、経験したことや得意のジャンルがいいと思います。

まとめ:誰のために記事を書くのかを明確にする

誰のために記事を書くのかを明確にしていけば、ネタに困ることはありません。

そのためにキーワード選定からしっかりとやっていきましょう

ネタに困ることってホントあるあるですね。

ブログを書いている人はみんな通る道だと思います。

ぶっちゃけ今回紹介したキーワードの探し方は

確実といえば確実なんですが、やはり本質は自分で考えて記事を書かないと意味がないですね。

上位表示されている記事をそのままパクっては意味がまったくありませんので

参考にする程度にしてください。