自分のブログを差別化する方法【とにかく人の役に立つ記事を書くこと】

Blog life

自分のブログを見てもらいたい。他の人と差別化を図るにはどうすればいいんだろう?

こんにちは、三代目ナポリタンです。

今回は、自分のブログを他のブログと差別化を図る方法を解説します。

やはりブログをやっているからには、検索順位トップに立ったり

収益がトップになったりしたいと考えますよね?

そのために、差別化する方法を解説しちゃいます。

スポンサーリンク

自分のブログを差別化する方法

色, デスクトップ, 紙, 社会, 一緒に, ビジネス, デスク, 通信, 協力

結論から言いますと、「読者に有益な記事を書くこと」です。

日本人は完璧主義者が多すぎる件

最初から完璧に記事を書こうとしている人がいますが、

結論、無茶です。

本気で気合い入れて書いても、めちゃくちゃに品質の高い記事を1発で書くのは無理です。

トップブロガーと比べたら

     

「まぁ〜萎えますね!だってそこまでいくのにどんだけ時間がかかるのか分からんし」

    

継続してほぼ毎日書きましょう。

会社員とか社会人は毎日は難しいですが、

学生とかニートは結構カンタンだと思います。書いていると、習慣づいてライティングスキルが身についてくるんです。

そこで自分の型を見つけることができます。ですので、1年は続けてみてください。

ブログは挫折する人が多く、1年以内に8割以上は挫折して消えていきます。

それぐらい「精神」と「根性」勝負なんです。ものすごく文章書くのって大変なんです。

でも、継続したら稼げます。断言します。

ブログの差別化とは、根性論

花, 生活, クラック, 砂漠, 干ばつ, サバイバル, 孤独, 1 つ, 乾燥

ブログの差別化を考えると、もはや「根性論」だと思います。

ブログを書くことを根性で続けていると、

あなだだけしか書けない記事が生まれるのです。

ブログで様々なスキルをみにつける

たとえば、WordPressでブログを書くとしたら

html&cssやJavaScript、PHPなどのプログラミング言語を学んだり、ライティングスキルを身につけたりとブログを継続して書くことにより新しい分野のスキルが徐々に身につきます。

筆者の差別化要素

WordPress×ブログ×JavaScript×ライティング×SEO×引きこもり×ゲーム実況

こうして自分の要素を存分に表にだすことで

自分にしか書けないブログになります。

企業サイトなど手強い所と競争しない

スキル, 能力, 知っています, 成功, 戦略, 経験, ビジネス, ターゲット

ブログのジャンルによりけりですが、

企業系のサイトが作る記事は個人では歯が立たないです。

たとえば、クレジットカードなどは個人では戦いにくいジャンルですね。

このように企業か書いているジャンルは厳しいです。

ライターをたくさん雇って数で勝負しているので

個人で立ち向かうのは厳しいです。

あえてニッチな分野で勝負してみるのも手ですね。

自分の得意な分野で勝負する

自分の経験したことを書けば、自分だけのオリジナリティあふれる記事が書けます。

そうすることで他社と差別化を図ることができるのです。

筆者の場合、「ゲームやアイドル、動画編集」のことになります。

業界最安値のプログラミングスクール|SkillHacks(スキルハックス)

switchでスプラトゥーン2をやっていて、それをキャプチャーボードで録画して、編集してYouTubeにアップしています。

スプラトゥーン2は1000時間以上プレイしてますが、中級ぐらいのレベルにはいったのかなって思っています。

 

他の仕事は無理ですね。。。。生命保険の営業とか不動産営業とか

生命保険は知り合いがやっているのですが、

厳しいと思います。

口先がうまくないと契約取れないし、自分には無理。ゼッタイに無理です。

要するに、

自分の得意分野=書ける分野」ということ

それが自分の強みになるのです。

ブログの差別化はいきなりは無理な件

差別化をして稼ぎたいと考える人は多いです。

ですが、いきなり他者と差別化は無理ですよ。

最初の1年はとにかく毎日書きましょう

書き込み, ペン, 男, インク, 紙, 鉛筆, 手, 指, 青いシャツ

1年は書きましょうと言いましたが、

ただ闇雲に書くでのはダメですよ?

考えて、人の役に立つ記事を書いてください。

最初から完璧ば差別化は難しいです。

1年経っても10記事も書けていない人と

100記事書けている人とでは「これから通る道」が違うように思えます。

100記事が明確な基準ではないのですが、10記事も書いていないとなるとそれはスタートラインにも立っていないのです。ですのでまずは10記事書いてみましょう。

ブログの反応を見て、その都度変えればいい

主観でいいので、自分のブログぜんぜんアクセスないなって感じたら


・なぜアクセスが少ないのか

・どうすればアクセスが増えるのか

などを考えて対策を立てていけばいいのです。絵を入れてみるとか、写真を入れてみるなどしてデザイン面を考えるなどしてアクセスが増える努力をしてください。

ググってみると、ブログの書き方とか技術論を書いているサイトがあります。もちろんその技術論も大事なんですがそこよりも重要なのは「毎日書くこと」なんです。

歩みを止めるな

ブログを毎日書きましょう!」ということです。

何にでも当てはまることなんですが、

たとえば、カメラも写真を撮って、撮りまくって腕前が上がるもの。やはり撮らないことには腕は上がらないです。

ブログも一緒で書かないとライティング力は上がりません。そして記事をリライトしてカイゼンしていくことで

より一層自分の記事がオンリーワンのものになり他と差別化が図れるのです。

今回は以上になります。

ブログを書くのは、力まずに肩の力を抜くぐらいでいいと思いますよ。

力みすぎると、ケガします。