ブログのアクセス数が増えない?!6ヶ月目で月間500PV。

Blog life

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「ブログのアクセス数が増えない」というお悩みにお応えいたします。

結論から言いますと、「読者に役に立つ記事を量産すること

これだけです。

最初はみんなアクセスは少ないものです。

焦らずにコツコツと記事を積み上げていけば、アクセス数は増えていきます。

スポンサーリンク

ブログのアクセス数が増えない?!月間500PV

ぼかし, ぼやけた, 本, 本のページ, 文学, 知識, 知恵, 読み取り

ブログのアクセス数が増えないお悩みにお答えします。

筆者も月間500PVしかないので、よ〜〜くわかります。

結論、アクセス数を増やすには「読者の役に立つ記事を量産すること

これだけになります。

独自ドメインはアクセス集めにくい

ドメインを取得してブログを始めたときは

ドメインパワー がまったくないので、アクセスは集まらないのです。

ですので、ドメインパワーを強くすることをおすすめします。

ドメインパワーを上げるにはどうすれば?


・記事を量産していく

・毎日投稿
・読者のために有益な記事を書く

それぞれを解説していきます。

記事を量産していく

ニュース, ビジネス, 新聞, 劇場, ロサンゼルス, メガネ, ペン, 読書

記事をコツコツと積み上げていくことでドメインパワーがあがります。

ただ記事を書くだけでなく質の良い記事を書くことで
Googleに評価してもらうのです。

質が高ければアクセスは集まるので、評価もあがります。

毎日投稿

毎日投稿することで、ファンがつきやすくなります。

1週間に2〜3本のブログより毎日投稿しているブログの方が読まれやすい傾向にあります。

内容はどうであれ毎日投稿していると、「ちょっと読んでみようかなぁ〜」って気分になりませんか?毎日更新していると、人の目に止まりやすいのです

Googleの評価も多少は影響しているようです。

読者のために有益な記事を書く

ここが1番大事な部分ですね。

やはりブログは読者の悩みや疑問を解決するために書くもの

ですのでここを徹底的に考えて書いてください。

たとえば、キーワード「ダイエット 方法」で記事を書く場合


・ダイエットがしたいので方法を知りたい

・ダイエットがしたいので適切な食事方法を知りたい

     

このような悩みをあなたのブログだけで1発で解決できる記事を書けば
アクセスは急増します。

そのためにキーワードを選んでから読者の悩みや疑問を考え抜いてください。

アクセスアップする5つのコツ


・記事を毎日書く

・ユーザーファーストの記事を書く
・結論 →  具体例 →   理由 →  結論(まとめ)の順で書く
・図や写真を多く使う
・タイトルに命をかける

それぞれを解説します。

記事を毎日書く

主催者, カレンダー, スケジュール, 予定, 日記, ノート, 花, ピンク

上記とかぶってしまうのですが

アクセスアップのためにすることはやはり「記事を毎日書く」ことですね。

基本的に一般人のブログは誰も読みません。

インターネットに無数にあるコンテンツの中に一般人のブログが埋もれているのです。

これが芸能人など有名な人なら話が変わってきますが、あなたが一般人である場合、読まれる可能性は低いです。

ですので、毎日書いて投稿してください。

そうすることで誰かの目に止まる可能性が高まります。毎日投稿はその日に書いて、その日に投稿しなくてもいいのです。

予約投稿機能がありますので、そちらをご活用ください

ユーザーファーストの記事を書く

これも上記とかぶってしまうのですが

基本的なことです。

ブログは日記を書いても誰も読みません。

一般人の日記なんて興味ないですからね。

読者の悩みや疑問を解決することが「ブログの使命」なのです。

この読者の悩みや疑問を解決することを徹底的に考えて記事を書いてください。

結論 →  具体例 →   理由 →  結論(まとめ)の順で書く

結論→具体例→理由→結論(まとめ)

これが文章を書くときの基礎的な構成になります。

結論を言うことで、読者の離脱を防ぎます。

具体例で説得力を持たせます。

そしてその具体例に対しての理由を述べて文章を完成させます。

最後に結論(まとめ)で振り返りですね。

結論を振り返ってまとめる

こういった流れになります。

これを1記事の段落毎にすべてに当てはめてください。

これをすることで「説得力の増した文章」を書くことができるのです。

図や写真を多く使う

カリフォルニア州, 日没, 夕暮れ, 空, 雲, 海, 海岸, 波, ビーチ

文章だけの記事」と「図や写真が入った記事

どちらが見やすいでしょうか?

圧倒的に「図や写真が入った記事」ですよね。

このように見映えがとても大事なのです。

文章だけだと堅苦しく感じて、多くの人は読み進めずに離脱するでしょう。離脱してしまえばもう2度と戻ってくることはありません。

逃した獲物は大きいのです。ですので見映えをしっかりと考えてください。

タイトルに命をかける

読者が1番最初に見るところが「タイトル」です。

このタイトルが酷いものならクリックされずにスルーされます。

逆にタイトルがキャッチーで人目を引くものであれば

読んでもらえる可能性が高まります。

記事を作る順番として


①タイトル

②見出し
③本文

この順番になります。

よくタイトルの前に本文を書き始める人がいますが、それはNGです。

タイトルを決めてそれに沿った内容を書くので、タイトルが決まらないのに

本文は書けませんよね?

家を建てるときに土台を作るのと一緒で、まずタイトルを決めてから

見出しを作ってその後にようやく本文執筆ができるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回、いかがでしたか。

まとめますと


・記事を毎日書く

・ユーザーファーストの記事を書く
・結論→具体例→理由→結論(まとめ)
・図や写真を多く使う

これを守って記事を書いてください。

そして最低でも1年は続けてください。

必ずアクセスが増えます。

アクセス数を増やすためにコツコツと記事を書き続けてください。

今回は以上になります。