人に教えることで自分も育つことができる。【人にアウトプットすることで自分にインプットできる。】

Job life

こんにちは三代目ナポリタンです。

突然ですが、「人に教えることで自分も育つことができるんです。

人に教えることでアウトプットして、その過程で自分にもインプットされているということ。

簡単に言いますと、アウトプットするって難しいことで、頭の中で筋道を立てて論理的に展開する必要があるんです。

わかりやすく人に伝えるためですね。

それを続けていくことで、自分の頭の中にインプットして忘れにくいようにするんです。

そのようにして成長をしていきます。

何か成果を成し遂げたいことがある人はぜひ本記事をお読みください。

スポンサーリンク

人に教えることで自分も育つことができる。

人に教えることで自分も成長。

たとえば英語を勉強しているとします。

英語をより深く学びたいというとき、人に教えるようにすると自分の理解度も深まります。

人に教えるということは、頭の中で論理的にわかりやすくしようと考えます。アウトプットをすることで自分にインプットすることができます。

スポーツでも勉強でもどんな分野でも同じで、人に教えることでより理解を深めていくことができます。

教えることは難しいです。

ある程度自分でわかっていないと教えられないですし、頭で論理的に考えられないと人に教えられないんです。

ですので何かを究めたい、もっとレベルを上げたいという人はぜひ人に教えることをしてください。

関連記事:趣味を見つけたいんだけど、お金のかからない趣味はないのかな。。。。 

関連記事:【恋愛系】趣味がない人の恋愛ってうまくいくのでしょうか?【結論、微妙だと考えます。】     

独りで打ち込むよりも、人に教えた方がより成長。

教える, 教育, 学校, クラス, 茶色校, 茶色の教育

独りでひたすら打ち込んでいるよりも、人に教えながらやった方が成長スピードが違う。

英語でもスポーツでも独りでやっているより、人に教えることもすると成長スピードは格段にアップします。

勉強は基本的には独りでやるものですが、教えるために家庭教師のバイトをしてみるとか。

ほかにもテニスのインストラクターのバイトをするなど、人に教える場をつくることが成長につながるのです。

結構、人に教えるのが苦手という人もいるでしょう。

慣れたら簡単でして、数をこなしていけば自然に教えられるようになります。

そして教えることが好きになり、インストラクターなど教える仕事に就きたいと思うようになるかも。

そうなると成長速度はグンとアップしていきます。

教えられる側より教える側へ立つこと

教えられる側よりも教える側へまわること。

何回も言いますが、人に教えることで自分も成長できるからです。

たとえば、英語を教えるとき文法など基礎を教えます。

これらも自分の頭の中でしっかりと整理して、わかりやすく教えるように考えます。

つまりアウトプットすることで、自分にもインプットされてより理解が深まり成長につながります。

自分が極めていきたい分野のエキスパートになるために、教えるという仕事は必要不可欠。

塾講師とかスポーツのインストラクターなど教える側にまわれば、その道を極める近道になるのです。

対面でなくてもブログやYouTubeでアウトプットすることも教えることになり、インプットにつながります。

まとめ

今回、「人に教えることで自分も成長できる」件について解説しました。

勉強でもスポーツでも人に教えることで、自分も成長できます。

ですので伸び悩んでいる人はぜひ教えることをしてみてください。

教える人いないよって方はブログやYouTubeでアウトプットしてください。

現場からは以上になります。

↓合わせてお読みください

関連記事:【そもそも保育士不足だけじゃない】待機児童が多くて保育園に入れない問題について語っちゃう。。。 

関連記事:【悲報】まだコンビニでバイトしているの?思考停止している証拠だよ??