定年制廃止のメリット・デメリットを考えてみた。【結論、若返りが図れるが、ノウハウは失う】

Job life

こんにちは三代目ナポリタンです。

定年制廃止のメリット・デメリットを考えてみました。

先日、ローソン新浪社長の45歳定年説提言が問題になりました。

簡単に言いますと、45歳で定年にして人手不足の産業に人を流せるようにすれば

経済が回るし、会社内の新陳代謝ができるということ。

わたしの意見として、この取り組みは正解だと考えます。

40代、50代の働かないオジサン社員をどんどん辞めてもらって

新陳代謝を図ることは、企業経営にとって重要なこと。

ただ優秀な40代、50代の人材は残って後進の育成に励んでほしいという意見もあるそうです。

本記事では「定年制のメリット・デメリット、そして45歳で会社を辞めたら何をすべきか。」について解説していきます。

スポンサーリンク

45歳定年制のメリット・デメリット

45歳定年制のメリット・デメリットを考えます。

メリット

会社側のメリット

・人件費を抑えられる
・新陳代謝が図れる
・業績アップ

    

社員側のメリット

・45歳からの人生を考えられる
・転職をしたい人にとっては好都合

    

会社側のメリットとして、高給取りを削減できるため人件費を抑えられます。

そして社内に若い人が多くなり新陳代謝が起き

そこから新しいアイディアが生まれやすくなって、業績アップにつながる。

デメリット

会社側のデメリット

・優秀な人も辞めていく
・技術などノウハウを持った社員が辞めていく
・新卒の応募が少なくなる

     

社員側のデメリット

・定年までいたいのにいれない
・45歳で放りだされたら転職ができない
・モチベーションが湧かない

会社側のデメリットとして、優秀な人も辞めていく可能性もあるし、

技術などノウハウを持った人もいなくなります。

そして1番考えられるのが、新卒の応募者が少なくなること。

45歳までしか働けないのなら入るのやめとこうっていう風になるんです。

そこをどうすれば入社してもらえるかが課題になりますね。

関連記事:【会社員の方へ】会社という場所でしか仕事ができないと思いこんでいるのはかなりリスキーなお話。 

関連記事:会社員だけど働かずに生きていきたい!!【結論、不労所得を作りましょう。】 

45歳で会社を辞めたら何をすべきかわからない

45歳で会社を辞めたらこれから何をしたらいいのかわからない。

こんな人が多いと思います。

転職しようにも年齢でアウト、スキルもなく身動きが取れない。

おそらくこのような人が続出するでしょう。

「だって60歳までダラダラといるつもりだったのに、45歳で辞めないといけないなんて。」

こう思ってから動き始めるのはかなり遅いです。

ではどうすればいいのか。

会社に頼らずに生きる術を身につけること

画家, イラストレーター, ペインティング, アーティスト, お絵かき, 創造性

結論、会社に頼らずに生きる術を見つけること。

45歳で定年になったとき、困るのは社員です。

会社に頼って生きることがどれだけリスキーかがよ〜〜くわかりますね。

会社は社員を守ってはくれません。そして平気で見捨てます。

業績不振でリストラもありますが、黒字でもリストラをするんです。

将来的に赤字になりそうな予測を立てて、ムダな人件費は極力削って経営効率化を図ります。

だったら早い段階から会社に頼らずに生きる術を見つけることが唯一の生きる道なんです。

会社に頼らずに生きる方法とは?

クリエイター側にまわることが生きる道筋

それは、クリエイター側にまわること。

クリエイターとは、YouTubeやブログなど個人で稼ぐコンテンツをつくる人のこと。

稼げるようになるまで時間はかかります。

ですが、月10万、20万と稼げるようになれば、その後は加速度的に収入は増えていきます。

目安としては毎日更新がベストですが、最初のうちは週2回とかマイペースに更新していき

慣れてきたら毎日更新するなどしてペースアップしていけばいいんです。

イラスト書いて販売したり、本を書いてAmazon Kindleで出したりするのも個人で稼ぐスキルですね。

いまの時代は、会社に頼らず個人で稼いでいる人がたくさんいます。

そっちの方が天井しらずに稼げるから。人間関係なんか皆無ですしね。

めちゃくちゃに気が楽ですよ。

サラリーマンに限界を感じたのでブロガーへ

わたしはサラリーマンに限界を感じたのでブロガーになりました。

大きな原因が年収が上がらないと感じたからです。

そして人間関係にうんざりしていたのも理由ですね。

いろいろ大変なことがありますが、会社員時代と比べるとのびのびと活動できてますね。

45歳よりぜんぜん年齢は下なんですがね。。。

生涯年収はサラリーマンより高くなると思います。

このままうまくいけばの話ですが、、、

45歳で定年という話が出てくる段階で日本はもうオワコンだと思うんです。

それだけ経済成長が鈍いし、会社に頼れないし、未来は暗いんじゃないかな。

海外へ移住する人も増えていくでしょう、

わたしはハワイへ移住したいです。(知らんがな)

スポンサーリンク

まとめ

今回、「45歳定年制のメリット・デメリット」について解説しました。

結論、会社に頼る時代は終わりつつあるということ。

45歳までに個人で稼ぐスキルを身につけていくことが、生き残る道。

45歳以上の人も同じで、個人で稼ぐスキルをばしばし身につけて生き残ってください。

現場からは以上になります。

↓合わせて読んでほしい

関連記事:【サラリーマン必見】FIREして不労所得で生きていきたいんだけど、どうやればいいの? 

関連記事:リストラの嵐が吹き荒れると優秀な人から辞めていく【優秀な人は他でもやっていけるから】