社会不適合者なんだけど、どう生きたらいい?【結論:フリーランスで生きましょう】

Job life social

想定読者


社会不適合者なんだけど、どう生きたらいいのか分からない。
生きかたをお教えてほしい。 
 

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、こんなお悩みにお答えします。

結論、 社会不適合者ならフリーランス一択です。

フリーランスの仕事をして自由にストレスフリーな人生を生きていくことをオススメします。

急に会社を辞めてフリーランスとして活動は難しいのであれば、少しづつでいいので始めていってください。

スポンサーリンク

社会不適合者の生きかた

女性, かなり, 女の子, 髪, 美しい, 若い, 思いやりのある, ポーズ

結論、フリーランスで生きる。

これ一択ですね。

理由として


・会社員では、人間関係が大事で社会不適合者では地獄

・バイトもやはり人間関係で問題になる可能性があるためムズカシイ

でしたら、人と直接関わらない仕事をすればいいのです。

「社会は人で成り立っているのでそれはムリじゃない?」と思われるかもしれませんが全然そんなことはありません。

間接的には人と繋がっていますが、対面でだけが仕事をする手段ではないのです。


・Webライター

・Webエンジニア
・動画編集者

上記など。オンラインで非対面での仕事はたくさんあります。

これらはほんの一部ですが、このような仕事をしていれば人と直接会わなくても仕事ができ、生活していけます。

日本はストレス社会すぎるので、社会不適合者はとくにムリ


・週5日で出勤

・満員電車で疲れる
・嫌な上司にストレスを感じる
・気が合わない人がいる
・給料は上がらない

もはや、「苦痛」でしかないです。

こんなのをサラリーマンは続けているんですよ?

やばくないですか?

筆者もそうでした。

だからフリーランスとして独立して今は超自由に生きています。

社会不適合者って電車も乗れないし、外も出れないと思うんです。

だから全員がそうとは考えてはいなくて、自分と気が合わない人と無理に合わせなくてもいいんですよ。

だったら1人でできる仕事をした方がゼッタイにいいです。

日本は他人に気を使わないといけない文化


・駅では、左側通行(大阪では右側通行)

・電車では基本的に喋っていると、目立つ
・電車では、お年寄りに席をゆずる
・電車では基本的に、ベビーカーは畳む
・満員電車(とくに、朝のラッシュ時に)はベビーカーで乗り込まない

※上記のように、基本的に「気を使わないといけない」文化です。

満員電車にベビーカーで乗り込む人がいたんです。

ちょっとそれはないなって思いました。

※補足 


筆者の極論ですが、言い過ぎでもないと思います。

理由として、平日の朝のラッシュ時は満員電車が当たり前だから。
それを幼い子どもと一緒に乗るのって逆に子どもがかわいそうではないのかなって考えます。

タクシーとか使えばいいのにって、、

周りも迷惑ですよ?

こういう風に気をつかわないといけない文化であるがゆえに

生きるのがハードなんです。

※昔、朝出勤するとき満員電車にベビーカーで乗り込もうとしている人がいたんです。危ないですよ?てかそんな人後にも先にも初めて1回しか見たことない。

遭遇したらたまったものじゃないです。

社会不適合な人は意外と多い件

チーム, モチベーション, チームワーク, 一緒に, 一緒, グループ

人とコミュニケーション取れないとか、

普通の人ができていることをできない人が多いと感じてます。

会社員時代に感じたのが、この人はちょっと厳しいだろうな〜っていう人はたくさんいました。

たとえば、誰ともしゃべらずに我が道をいく人、連携も取らないからミスが多い。

やはり、会社で仕事をしている以上コミュニケーションは必須です。

社会不適合だとしても、ほとんどの人は会社でしか生きられないと思い込んでいるので、「個人で稼いでいる人・稼ごうと考えている人」は逆にチャンスです。

この機会にフリーランスとして独立してみてください。

たとえばブログとかWebライターなど物書きの仕事とか。

すぐに稼げるものではありませんが、自分1人でできる仕事ですし、お客さんと対面する必要はないですので気楽にできます。

他にもYouTubeで稼ぐとか、いっぱいあるんです。

ですのでやりたいことにチャレンジしてみてください。

仕事の選択肢は広い

コーヒー, 作る, カフェ, ショップ, エスプレッソ, ドリンク, ビジネス

社会不適合者なら会社でムリして働く必要はないです。

個人で稼ぐ時代ですので、フリーランスとして生きましょう。


・ライターしながら、日本を旅する

・エンジニアをしながら、世界を放浪
・動画編集しながら、在宅で仕事をする
・YouTuberになって、一攫千金をねらう
・田舎に住んで、生活費を極限まで下げて生活

上記は一部でして、選択肢は鬼のようにあります。

向いてないと思ってやろうとしない人が多いですが、もったいないです。

会社でツライ思いをしているのならチャレンジしてみるべきだと考えます。

そのまま会社にいてもメンタルがやられて鬱になって、結局辞めることになるからです。だったら早いうちに個人で稼げるようになって会社を辞めてやりましょう!!

人生長いようで短いですからね。

行動するならいまのうちですよ。

ツライなら無理する必要はないのです

ツライなら、無理して同じところにいる必要はないです。

筆者が昔、働いていた職場で、めちゃくちゃに性格が悪い人がいました。

他社の人でしたが、みんなから距離を置かれていました。

自分が辞めてから数年後に、そのとき一緒だった自分と同じ会社の人に聞いたのがその性格悪い人は自殺したそうです。

まぁ〜なんかわかる気がします。正直、人間的に問題ある人だったのでね。ありうるなとは思いました。

ほんの一例ですが、他の会社でもある話しだと思います。
辛かったら会社を辞めるなりすればいいのです。

プライドが邪魔して辞めれなかったのかもしれません。(その方はリーダー的な役職で勤務年数も長かったので)

他のだれかに相談とかしていれば、自殺は防げたのかなって考えてます。

辛かったムリはダメ


・人間関係が辛かったら辞めてもいい

・嫌な人は会話をしないこと

嫌な人とは、極力話さないこと。

仲良くない人とは無理して話さなくてもいいのです。むしろシカトしていいレベル。

気にしていたらやっていけないからです。

もうその時点で会社員は向いてないんじゃないかなって思うんですよ。

わたしがそうでした(笑)

かなりの社会不適合者ですよね。

苦痛で仕方がなかったですし、メリットがなんにもない。

給料も安いし、上がらないし、スキルも何も身につかない。

三重苦です(笑)

こんな状況であるのなら会社辞めるべきです。

この記事を読んでくださっている方で同じ状況であるのなら、考えてみてください。

定年まで働くのは辛すぎる件

今は定年が60歳ですが、今後65歳まで伸びる可能性もあります。

社会不適格なら余計につらいです。

22~60歳まで、こんな生きづらい「日本社会」で会社員として働き続けますか?

結構、過酷だと思うんです。

60歳まで続ける自信ないですもん。

※補足

2020年12月現在、コロナの影響もプラスしてリストラが加速しています。
そのため、40代以上の管理職の人を中心にクビを切られている状態。

会社員として生きるのが辛いなら、今のうちにフリーランスとして離脱したほうがいいです。

リストラになったとき地獄です。

再就職はかなり厳しいものになるからですね。

今後、定年が45歳に引き下げられる可能性も考えられます。くわしくはこちらの記事からローソン新浪社長の45歳定年制提言を聞いて思ったこと。

ですので、「もう会社員は無理だな」って少しでも感じたら辞めて違うことをしてみるのもありです。

現実的に続けられないですからね。

必然的に辞めていくことになりますが、40代以上でその状態になったときめちゃくちゃに厳しです。

クラウドワークス などでWebライターの仕事を受けながら、少しづつでいいので独立の準備をしておいた方がいいです。

比較的に簡単に受注できるため、応募してみるといいです。

スポンサーリンク

社会不適合者が、フリーランスとして生きる方法

ドリンク, カクテル, ビーチ, 軽食, アルコール飲料, ガラス, 海岸, 砂

会社だけが、「働く場所ではない」ということ。

フリーランスでできる仕事はたくさんあります。

会社だけが仕事ではない

いまだに、会社だけが仕事をする場所だと思い込んでいる人がいます。

情報弱者ですよ。フリーランスの仕事を知らないのです。

いまはもう個人で稼いでいる人が増えてきて、仕事の取り合いが起きているほど。

ネットでもいいので、調べてみてください。

世の中には個人で稼げる仕事がわんさかあることを知ります。

まとめ

今回、いかがでしたか?

社会不適合者はフリーランスで仕事をしましょうというお話しでした。

本当に会社がムリなら辞めましょう。ムリすると体によくないのです。

今は個人で稼ぐ時代になっています。

いくらでも稼ぐ手段があるので、ぜひ自分にあった仕事を探してみてください。

↓合わせてお読みください

関連記事:大企業が安泰という時代は終わっているお話【これからは個人で稼ぐ時代】

関連記事:【会社員の方へ】会社という場所でしか仕事ができないと思いこんでいるのはかなりリスキーなお話。