ブログを書くモチベーションが上がらない。モチベーションを上げる5つのコツをご紹介します!!

Blog Job

こんにちは三代目ナポリタンです。

「ブログを書いているけど、検索順位が上がらない。収益も伸びない」

こんな疑問や悩みにお答えします。

このブログでは「ブログのモチベーションが上がらない方」へ向けて以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・ブログのモチベーションが上がらない理由
・モチベーションが上がらないままだと、挫折することにもなる
・雑記型と特記型の違い
・ブログのモチベーションを上げる6つのコツ
・まとめ:適当に書くのはNG

スポンサーリンク

ブログのモチベーションが上がらない理由

ブログのモチベーションが上がらない理由

理由① インデックス数が下がる

自分の記事がGoogleにインデックス(認識)されて初めて世間に読まれることになります。

RankTrackerやGRCなどのツールを使えば100位以内に入っていれば確認することができます。

10位以内に入ることがベスト。それ以下だと読まれる確率は下がります。

記事を書いてもインデックスされるのは3ヶ月はかかりますが、それでもグーグルのアップデートで順位の乱高下が激しいため1位だったのがいきなり圏外に飛ばされることもよくあります。

ある程度ブログを書いている人だとこのような状況に陥った人も少なくないのなかって思います。

理由② 検索順位が上がらない

先ほどのインデックス数が下がると同様に、検索順位が上がらないとモチベーションを維持するのはムズカシイです。

最初30位だったのが、リライトしてもそれ以上は上がらないとなると不安になりますよね。

順位は短期間では上がらないものですが、数字ばかりを気にしているとやる気は上がるどころか下がるいっぽう。

順位は一長一短で伸びるものではないので、数字は気にせずに記事を書きまくることが大事。

理由③ 何を書いていいかわからなくなる

雑記型でも特記型でも何を書いていいのかわからなくなることがあります。

ネタに困るということですね。

特に雑記型で陥ることだと考えていて、書くジャンルが多岐に渡るとあちこちに手を出し過ぎて逆に何を書いていいのかわからなくなります。

そして、雑記型のデメリットとして「読者がブログ内を巡回しない」可能性が高いということ。

たとえば「ブログ 始め方」のキーワードで検索したユーザーが自分のブログを見つけて訪れたとします。

ブログの始め方に関しては知ることができたけど、他のジャンルの記事には興味がないため記事を読まずに離脱するということになりがち。

複数のジャンルで書かれている雑記型ブログの場合、このような現象が起こります。

そうなると何を書いていいのかわからなくなるという負の連鎖に陥ります。

ブログのモチベーションを上げる5つのコツ

・ブログを書く理由を明確にする
・毎日ブログを更新する環境をつくる
・アクセス数やアドセンスの数字を見ない
・雑記型ならジャンルを3〜4つに絞る
・自分の好きなジャンルを書く

ブログを書く目標を明確にする

たとえば「自分の思想を世間に広めていきたい。」「文章力を鍛えたい。」など。

このように明確な目標を持って書くことでモチベーションアップをすることができます。

ただ目的もなくダラダラ書くのと目標を持って書くのではぜんぜん違いますよ。

途中でゼッタイに挫折します。断言します。

目標は 別になんでもいいんです。「お金を稼ぎたい。」とか。

書いて世界平和にしたいでもいいですし、少しゲスなことでもいいんです。(笑)

何か目標を設定してみてください。

毎日ブログを更新する環境をつくる

家で書くなら、デスク周りをキレイにして書く気を起こすように環境を整えましょう。

家が無理ならカフェとか漫画喫茶がオススメです。

スタバとかでやるのもいいし、周りの目が気になるのであれば漫画喫茶がオススメです。

漫画喫茶(漫喫)は個室になっているため、人の目を気にしなくて済みます。

静かにしていないと周りからクレームがくるため皆さん静かに過ごされてます。(当然ですね。)

そこでpc をカタカタやると、キーボードのタッチ音で周りに迷惑がかかるためカバーを付けるのをオススメします。

Windows用

Mac用

家でできないときはよく漫喫に行ってました。

飲み放題ですし、眠くなったら寝れますし、料金も安いのでかなりオススメです。

アクセス数やアドセンスの数字を見ない

ブログのアクセス数やGoogleアドセンスの収益の数字は気にしないでください。

気になるのはよーくわかります。

ただ何回も見てたら全然ブログに集中できません。そのためアクセス数は見ないで放っておいてください。

収益が少なかったり、アクセス数が伸びないと凹みますよ(笑)

そんなのいちいち見ていたらモチベーションなんか上がるわけないんですよ。

なのでゼッタイ見ないでください。

雑記型ならジャンルを3〜4つに絞る

雑記型で書いているなら、ジャンルを3〜4つに絞ること。

10以上のジャンルで書くと、書く方も大変ですし読む方も情報が錯綜していて読みにくいです。

先ほども書きましたが、雑記型の場合読者が巡回しない可能性が高いため、載せているジャンルが多いほど

読まれにくい傾向にあると考えています。

ですので書く側の負担を減らすためにも3〜4つのジャンルで書くことをオススメします。

読者側のことも考えて書くこともブログを読まれる秘訣です。

そうすることでアクセス数も増えていきモチベーションが上がっていきます。

自分の好きなジャンルを書く

自分の好きなジャンルで書いてください。

あなたの経験や知識を惜しみなくブログで披露すれば、あなただけの記事が出来上がります。

他の人にはない自分だけの経験を基に記事を書くのですからオリジナリティあふれるコンテンツに仕上がります。

知っているジャンルのためリサーチにそこまで時間はかからないと思います。

1記事1〜2時間で書ければ、ストレスフリーでブログ運営を進めることができます。

モチベーション関係なくまずは自分が書けるジャンルを極めていってください。

まとめ:適当に書くのはNG

モチベーションが上がらないからといって記事を適当に書くのはNG!!

適当に書いてもだれも読んでもらえませんし、グーグルからの評価は悪くなります。

なので本当にモチベーションが上がらないときは一旦休んでください。

そして本記事の内容をお試しください。

今回は以上になります。

↓合わせてお読みください

関連記事:【心配ご無用】ブログは何を書いてもOK!!【ただ読者目線で書くことが大事】

関連記事:【女性必見!!】泣くほど仕事に行きたくない理由は単純。【  結論、会社が好きではないから。 】