ブログで書くことがないなんて妄想かつ幻想だ。【結論、書くネタがないんじゃなく書けるネタがないんだよ】

Blog IT Job

ブログが書けない。書けない。どうしよう。

こんな悩みを抱えているブロガーはど〜〜こだ?

はい!!わたしです!!

マジで、ブログが書けなくて悩んでいて、ネタが生まれない、生まれない、どうしよう。

禿げるわ。こんな悩んでいたら。

あっ、わたし、もう禿げてる!!。。。。。。

んで、ブログが書けないのは「ネタがない」のではなく、「書けるネタ」がないことに気がついたんです。

つまり「書けるネタ」をつくること。これが解決策になります。

じゃあその「解決策」を次の項目から説明させていただきます。

スポンサーリンク

ブログを書くネタがないんじゃなく、書けるネタがないお話。

ブログを書けるネタがない

つまり今の自分が書けるネタがないということ。知識が不足していて、書くことができないのです。

たとえば、ブロックチェーンのことを書こうとしても、これについて知識がまったくないのに書くことはできませんよね?

ネットで調べたことをコピペしただけでは、それはただの「パクリ

記事としての価値はゼロです。ゴミ記事になります。

ですので、ブログを書くネタがないのではなく、「書けるネタ」がないということ。

では、「書けるネタ」を探すためすることとは?

書けるネタを「探す&作る」ことをしないと一生書けなくなる

結論、「探す」ことをする。

その通りでして、探さないと知識を増やせないため一生書けない状態が続きます。

ブログを書くときのベストな方法は「自分の実体験」を書くこと。

なぜならリサーチがいらないから、スラスラと書くことができますよね。

探す」ことは、それは他のブロガーのネタをパクる。

パクりというのは、別に悪いことではないんです。丸パクリして全文、一字一句同じはNGですよ。

著作権で訴えられてしまいます。

パクるというのは、「キーワードをパクる」ということ。

RankTrackerやGRCなどの検索順位チェックツールを使って、他のブログのドメインからキーワードを確認します。

それを基に記事を書いていきます。

RankTrackerでドメインから検索 → キーワードを探す →  記事を作成

という流れです。

このようにして「探す」ことをして、書けるネタを増やしましょう。

インプット量を多めにしてみる =「本を読むなど、知識を増やす」

本からインプットすることで、自分の知らない知識を蓄えることができます。

おすすめは2〜3冊読んでみて、大事だなと思ったところをメモして、それをまとめて記事として形にしてください。

そうすることで丸パクリになるのではなく、自分だけの記事になります。

ビジネス本や自己啓発本など幅広く読むといいです。書いてあることも多岐に渡るため非常に参考になります。

ボキャブラリーを増やすことは、ブログを書くこと以外にも役立ちますし「読んで損はないんです!!」

イケハヤ「武器としての書く技術」

ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック  キャッチコピー力の基本

       

劇団ひとり「陰日向に咲く」

       

あんちゃ「アソビくるう人生をきみに 。好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略」

書けないのは普通のこと

ブログを書いていて、ネタに困るのはあるあるですよ。

書くネタぜんぜんないな〜って筆が止まるんです。

そんなに悩む必要なくて、今回ご紹介した方法をやれば自然にネタが湧き出てきます。

ぜひお試しくださいませ。