noteとブログの違いを解説します。【結論、noteは売り切り、ブログは積み上げ】

Blog Job

こんにちは三代目ナポリンタンです。

今回、「noteとブログの違いを解説します

結論、「noteは売り切り、ブログは積み上げ」です。

noteは自分で値段を設定して販売することができます。ブログは設定しだいで1記事ごとに販売できますが、あまり販売というイメージはなく、「積み上げ型」

大まかな違いはここです。

もちろん、noteもブログのように使ってもいいのですが、多くの人は自分のノウハウを売るために1記事300~3000円など設定して販売しています。

何か売りたいノウハウがあるのならnoteで販売してもいいかもしれません。

スポンサーリンク

noteとブログの違い

クレカ不要!note(ノート)の購入はバンドルカードが便利! | Hello Vandle[ハローバンドル]

noteとブログの違いはカンタンに言いますと、「1記事ごとに販売できるか」です。

noteの場合は、1記事200円など自由に設定して売れます。しかしブログもWordPressなら設定しだいで自由に設定できますが、WordPressの場合はブログのPV数で稼ぐイメージで間違いありません。  

noteとは

noteとはブログ形式で文章を書けるプラットフォームです。WordPressでブログを書くのと違う点が1記事ごとに

値段を設定でき販売することが可能。テキスト、画像、音声で販売可能。値段も100円、500円、1000円と設定できます。

・文章の書き方
・twitterで集客方法
・SNSのフォロワーの増やし方 etc….

      

いわゆるノウハウを売るためにnoteを使っている人が多いです。

しかし、最近はnoteよりBrainに移行している人も増えているため、noteは下火になっている感じがします。

なぜそうなったのかと言いますと、noteの運営企業が上場するにあたりnoteに出品している中から厳選をして販売停止にしたりした為、売り上げが激減している人が続出。そういった人は自社販売に切り替えたり、Brainで販売したりとなりnote離れが起きています。

ブログ(WordPress)

文字, 古い, タイプライター, ビンテージ, テキスト, ブログ

ブログはWordPressやアメブロなどたくさんのプラットフォームがあります。WordPressでなら自社販売をすることができまし、クレジットカードの支払いを設定したりなど自由にできます。

ただアメブロとかライブドアブログは無理です。企業が運営しているため、縛りが多すぎてできません。WordPressの場合はカンタンにプラグインで自由に設定できます。

※ただ注意点がありまして、noteはある程度のユーザー数と有名人が使っていることもあり、一般人でもコンテンツの品質が良ければ売れるのですが、WordPressで無名の人が1記事に有料設定して販売しても売れません。ほぼ売れません。

ある程度アクセス数があり他のアフィリエイト の成約率が高ければ、自分で販売しても売れる可能性があるのですがそれ以外はおすすめはしません。

ですので、ノウハウを販売したい方はnoteやBrainなどがオススメです。

おすすめのプラグイン

・Simple Membership
・WP-Members Membership Plugin
・Memberful WP
・Ultimate Member
・WP Private Content Plus

    

これらを利用して記事に設定すれば、1記事ごとに有料販売できます。

やりたい方は使ってみるといいでしょう。

まとめ

今回、「noteとブログの違い」を解説しました。noteは手数料は高いのですが、有名人も多く使っていることもあり一般人もコンテンツの品質が高ければ販売することが可能。

ただ下火になっているのは事実ですので、今からやり始めるのは微妙かもしれません。ただ売れるコンテンツは放置しておいても売れるので、「資産になります」つまり、不労所得になるため発信したい情報があるのならやってみるといいです。

↓合わせてお読みください

関連記事:ブログが継続できないと悩んでいる人へ、70点ぐらいの力で書いてみましょう。

関連記事:個人で稼ぐチカラを身につけたい!!【やることたった2つ】