【ブログが1000文字すら書けないとお悩み人へ】カンタンに書ける方法を解説します。

Blog Job

「ブログが1000文字すら書けない。。。」

「1000文字以上書くにはどうしたらいいのか」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「ブログが1000文字すら書けないと悩む人へ カンタンに書ける方法」を解説します。

結論、「型にはめて書く」です。

まずキーワードを決めたら、それを型に流しこみ下書きを作ります。見出しh2を4〜5個作ったら、そこに肉付けをしていきます。

そうすると1000文字なんてあっとういう間に超えて、スラスラとブログが書けます。ブログがまったく書けずにいる人は型を使っていないことが多いのです。

型にあてはめていれば1時間ぐらいで書けるためオススメです。

本記事では「文章の型」をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ブログが1000文字すら書けないと悩む人へ

ブログを書いているけど、1000文字すら書けないと悩んでいる人への記事になります。

書き始めた頃は、ぜんぜん筆が進まない人も少なくないです。筆者もそうでした。全く書けなくて1日が過ぎていきました。

1000文字書けないとSEO的にも厳しい

Seo, 検索エンジン, 検索エンジン最適化, コンピューター, Www

1000文字すら書けないとSEO的にも厳しいです。

GoogleがWebサイトを評価し検索順位を決めるのですが、評価ポイントとしてある程度の文字数がないと評価されないことがわかっています。

明確な数字は不明ですが3000〜4000文字以上あればよいと考えます。もちろん、記事の品質が高いことも前提条件ですが文字数でいうとこれぐらいが目安ですね。

型にあてはめて書く

1000文字を余裕で書くにはどうすればいいでしょうか。

結論、「型にあてはめて書く」です。

自分なりの型にあてはめて書くことでスラスラ筆がすすむようになります。

型をご紹介します。

筆者の型をご紹介します。

① 問題提起をする

たとえば、「ブログ 書く時間」というキーワードで書くとします。ブログを書く時間がないので、どうすれば書けるようになるのか。作業効率の上げ方を知りたい。

このように問題提起します。

② 問題を放置したときに起こる不利益を説明

2つ目の段落にて、さきほどの問題を放置したときに起こる不利益を提示します。

ブログを書く時間がなければ、いつまでたってもブログを書くことができないためどうにかして書く時間を確保しないといけない。

このようにして問題から起こる不利益を提示します。

③ その問題を乗り越える方法を提示する

問題に対しての不利益を提示します。

会社での仕事が忙しいのなら、仕事を減らす工夫をするなどして早く帰宅できるようにする。残業はせずに定時退社をして、飲み会は絶対に参加しないこと。

3つ目の段落では、問題から起こる不利益を乗り越える方法を提示します。

④自身の体験談

4つ目、自身の体験談を説明します。

ブログを書く時間がなかったので、定時退社は当たり前で飲み会は参加せずまっすぐ家に帰るかカフェでブログを書くのを習慣づけていった。1ヶ月ほど続けていたらブログを書くのが習慣づいて、無理なく書けるようになった。

このように自身の体験を解説して、ほんの一例ですがこんな風に工夫をしてブログを書いている人もいるんだよっていうことを説明してあげます。

⑤ 商材を紹介する

ここで乗りこえるための商材を紹介します。

たとえば、会社が忙しくてブログを書く時間がないので転職をしたい人向けに転職エージェントの広告を貼る。
悩みを抱えている人がその次に行動をするのはどんなことか。これを予測して広告を貼り紹介していきます。

ブログをマネタイズしていく場合は、内容にあったアフィリエイトを貼らなければなりません。全く内容に合わない広告を貼っても誰もクリックはしてくれません。

型にあてはめて書いたら、検索順位が上がった

キーワード 「ブログ 魅力 目的」で書き検索順位1位を取ることができました。投稿後、1週間ほどで取れたので比較的早い方だと考えます。

ぜひこの型を使い書いてみてください。

 

 

まとめ

今回、「ブログが1000文字すら書けない人へカンタンに書ける方法」を解説しました。

自分の型に当てはめれば、スラスラと書くことができます。筆者はこの方法で検索順位を上位に上げることができました。ぜひこの方法でブログをジャンジャン書いていってください。

↓合わせてお読みください

関連記事:ブログが継続できないと悩んでいる人へ、70点ぐらいの力で書いてみましょう。

関連記事:【心配ご無用】ブログは何を書いてもOK!!【ただ読者目線で書くことが大事】