【生きる意味がわからない人へ】やりたいことを見つける努力をしましょう。

Job life

こんにちは三代目ナポリタンです。

生きる意味がわからないと悩んでいる人への記事になります。

結論、やりたいことを見つける努力をしましょう。

志望校に落ちた、仕事でうまくいかないなど悩み、生きる意味がわからないという人はやりたいことを見つける努力をしてください。

人間て失敗を繰り返して成長する生き物だと思っていて、成功している人は試行錯誤してるんです。

失敗しても落ち込んだままで終わるのではく、何がダメだったのか分析してまた次につなげるんです。

そうして成功へ道を切り開いていると考えます。

ですので、「生きる意味がわからない」のなら、やりたいことを見つける努力をしてください。

スポンサーリンク

なぜ生きる意味がわからないのか

なぜ生きる意味がわからないのか。

生きる意味がわからないのは、やりたいことがわからないから

結論、生きる意味がわからないのは、「やりたいことがわからないから

自分自身が将来的にやりたい仕事や夢が明確にないから、生きる意味を失っているのだと考えます。

たとえば、絵の分野を極めてピカソやゴーギャンのような絵描きになるぞ!!とか

夢は大きくていいんです。最初からそんな夢は叶わないと諦めているのではなく、目標を大きく設定しましょう。

人は生まれたからこそ生きる意味があると考えていて

すべての人に生きる意味があるんです。意味のない人なんてこの世に存在しません。

だからこそ、目標を持って生きましょう!!

やりたいことを見つける努力をすること

やりたいことを見つける努力をすること。

見つける方法は、こちらの記事をごらんください。自分のやりたいことを見つける5つの方法【結論、行動が重要】

やりたいことが見つかれば、それに向かって邁進していくことになります。

そうすれば生きる意味が見つからないと悩むことはなくなるんです。

おすすめは1つだけじゃなく、2つ、3つと複数やりたいことを見つけること。

理由として、1つがうまくいかなくなったら、また生きる意味を見出せなくなるから。

そこで悩んでもがき苦しむことになるので、2つ3つとたくさんやりたいことを見つけるようにしてください。

そうすれば、生きる意味がないなんていう悩みは考えなくなるようになります。

本や雑誌、ネットをかたっぱしから見ていく

読む, 本, 雑誌, 勉強, 手, フィート, ベッド, 読む, 雑誌, 雑誌

本や雑誌、ネットをかたっぱしから読んでいく。

さまざまな情報を本や雑誌で手に入れられますね。

自分が普段あまり読まない雑誌を本屋で立ち読みしてみてください。

たとえば、野球やサッカー関連の雑誌とか、男性だけど女性ファッション誌を読んでみるとか。

ぜんぜん興味がないジャンルの本を読むことによって、新たな発見が生まれるんです。

インタビュー記事などで「こういう仕事もあるんだ〜」と今まで知らなかった仕事に出会える可能性もあります。

知識を得る手段として本や雑誌が最適なんです。

やりたいことがない イコール どんな仕事があるのかわからない

これだと考えます。世の中にある仕事がどんなものがあるか未知数で把握できていないから

やりたいことが見つからないという思考に至るんだと。

調べようとしていない人が多いように見受けられるんです。

Googleで検索して調べようとしている人が若い人でも減っているとか。

ネットの記事も流し読みで深く読んでいないことが多いとのこと。

明確に調べたいことがないため、脳停止して見ているんです。

これが知りたい!

っていうものがある人は調べて納得して終わります。

これが明確に調べることがあるかないかの違い。

なのでやりたいことがないのなら、やりたいことを本なりネットなりで真剣に探さないとダメなんです。

リサーチが足りなすぎるんですね。

本気で探す努力をしてくみてください。

まとめ

今回、「生きる意味がわからない」について解説しました。

生きる意味がわからないのなら、やりたいことを見つける努力をしてください。

将来やりたいことがみつかれば、それに向かって邁進しください。

生きる意味がわからないと悩むことがなくなるります。

本記事の方法を参考にしてみてください。

現場からは以上になります。

↓合わせてお読みください。

関連記事:人生は短いからムダなことはしたくない。【効率よく生きる3つの方法】 

関連記事:人生を楽しく、面白く生きる方法をお教えします!【結論:人生の選択肢をふやすこと】