【中学生向けた記事】将来の夢がなくても、これから見つけていけば別にいいんじゃない。

Job life

こんにちはゲスブロガー三代目ナポリタンです。

将来の夢がなくても、これから見つけていけばいいと思う。

やりたいことがないと悩んでいても、別に普通ですよ。

自分もやりたいことがないですもん。(笑)

いろんなものを見て、これやりたい、あれやりたいと生涯やり遂げたいことを探せばいいんです。

だから焦らなくてもいいんです。

ゆっくり、じっくり探しましょう。

スポンサーリンク

将来の夢がなくても、これから見つけていけばいい

今の時点で、「将来の夢」がなくてもこれから見つけていけばいいと思う。

だって焦っても見つかるものじゃないから。

ゆっくり見つけていけばいいんですよ。

年齢制限のある職業あありますが、

たとえば、競艇や競馬の選手とか。試験受けるというか学校に入るのに年齢制限があるので早めに決める必要があります。

他にもたくさんの仕事・職業があるのでゆっくり考えればいいんです。

なりたい職業・やりたいことが中学生の段階で見つからなくても、大学へ行ってから見つけてください。

けっして遅くはないです。そのためにも学校の勉強をしてください。

よりレベルの高い大学へ行く方がやりたいことへの近道になるからです。

もし、あなたが特定の会社に入ってやりたいことがあるとしたら、大学名が重要になってくる可能性もあります。

結果、入れなくてもメリットがたくさんあるので、むしろメリットしかないんじゃないかな。

だからこそ夢を見つけるためにも、勉強をしましょう。

関連記事:やりたいことができている人生って幸せじゃない?  

関連記事:自分のやりたいことを見つける5つの方法【結論、行動が重要】  

「夢がない」= 人生にハリが出ない

美容、女性、花の帽子、キャップ

キツイことを言いますが、「夢がない」= 人生にハリが出ないと思うんです。

だって将来やりたいことがないと、ダラダラ生きることになるから。

つまり目標がなく生きていくことになるんです。

大学まで行って、なんとなくまわりに流されて就職してみたいな。

毎日、会社へ行き遅くまで残業して帰宅。

そんな未来の姿が目に見えてますよ。

それって人生面白いですか?

もし、本当にやりたいことができて充実した毎日を送れているのならいいと思います。

しかし、そうでなければ全然面白くないですよ。

勝手に断言してますが(笑)

つまらないと感じているのなら、「夢を持つ」ことが大事なんでですよ。


夢を持つ = 人生の目標ができる

これなんです。マジで。

自分にはできないとか最初から諦めるのではなく、

チャレンジすることが大事。

とことんやってみて、ダメなら次のことに切り替える強いメンタルが欲しいですね。

少しでも興味があるならやってみる

少しでも興味があるならやってみてください。

自分にはできそうにない。向いてないとかやる前から諦めるのではなく

一回やってみて「あっなんかこれ違うな」って感じたら別のことに感心を向けていけばいいんです。

そうして本当に自分がやりたいと思うことを見つけるまで繰り返してください。

だってそうでないと、「自分がやりたいと思えること」に出会えないから。

そしてこれだ!と確信したことを、何があっても辞めずに貫き通してください。

つまり人生をかけてやり抜いて、やり抜いて、抜いて、ください。

継続をしていくことで、その道のプロになって他者と差別化を図ってください。

そうすることで、あなたはその道では他のだれにも負けない人間になり、唯一無二の存在になります。

結果、富と名声を手に入れることに。

なので中学生のみんなは、なんでもチャレンジして欲しいです。

スポーツでも勉強でも突き詰めていって、だれにも負けない強い自信を作ってください。

関連記事:執筆屋あんちゃさんの「アソビくるう人生をきみに。」を読んでみた感想。  

関連記事:「自分の人生、仕事はこれでいいのか?」と自分自身に問いてみた。