「自分の人生、仕事はこれでいいのか?」と自分自身に問いてみた。

Job life

こんにちはゲスブロガーの三代目ナポリタンです。

自分の人生・仕事」はこれでいいのか?と急に疑問に思い

考えてみました。 

会社員を6年半ほどやっていたんですが、年収に天井があると感じて会社を辞めてフリーランスとして

独立したんです。なぜ年収に天井があると感じたのかと言いますと

正社員ではあったんですが、SESという形態でIT企業に派遣をする会社だったんですね。

これってただの派遣なんですよ。なのでがんばっても年収は上がらない仕組みなんです。

これを考えていると、「会社員としての人生」を生きるのは嫌だなと。結論づけました。

読んでいたただいた人に「自分の人生、仕事はこれでいいのか?」と問いただしてみて欲しいんです。

そこで少しでも疑問に思うのなら、自分の生き方を生きて欲しいです。

スポンサーリンク

大企業に勤めることが人生にとって正解なのか?

良い大学に入って、大企業に就職することがかならずしも安泰とは限らないのではないか?

今までは「大企業 = 安泰」が暗黙の了解になってました。大企業だからこそメリットもあるし、デメリットもある。

ただ私は絶対に大企業が良いとは思ってなくて。

大企業にいる意味はあると思う。だからこそその意味をしっかりと理解して自分がしたい仕事をしていればいいと考えます。

ただ大企業という肩書や年収、福利厚生などで「大企業に入れば安泰」という考えの人は

本当にそれでいいのかな?って思います。

大企業 = 安泰 はもう成立しない時代になっている。

根拠がないし、かなり大企業でも潰れているためこの考えはリスキー過ぎるんですよ。

常識の枠にとらわれすぎているから、それを壊すべき

大学を出て、大企業に就職するのが良いことだと思われてますよね。

ひと昔まえからそれが常識でした。ですが、今は違います。

これはみんなやっているから」「これは常識だから」とみんなたしかめもせずに

常識”だと思い込んでいる。

日本社会全体が”洗脳”されているのだ

常識通りに生きているのに、大企業で働いている人が過労で自殺する事件があとをたたないですよね?

これが大企業でしか安泰だと思い込んでいる人の典型例なのかなって思いました。

自分の生き方が理解できれば、自殺という選択肢に入らないのでは?と考えます。

常識はみんなが常識だと思っていても、はたから見れば常識でないことはたくさんある。

いったん外れてみて、外からの景色を見ないと常識が常識かどうか判断できないと思う。

まわりの人からのツッコミは気にしなくていい

いまの働き方に疑問があるのなら、自分が思う生き方をしてみればいい。

それをまわりがとやかく言う筋合いはないのです。

あなたの人生で、責任を取るとはあなた。どうすることもできるのもあなたなんです。

たとえ親に反対されたとしても、自分の生き方を生きればいいと思います。

とにかくやってみればいい

やってみないとわからないことだらけ。やってみて、自分にしっくりくるなと思えば

それを突き詰めればいいし。

会社を辞めてフリーランスになったのも、常識に染まっていた自分の働き方が本当に正しかったのかを

再確認するためなのかもしれません。

それにツッコミをいれる人は、自分で確かめようともせずに”常識”にとらわれすぎて

常識に外れる人は異端だと批判するんです。そんな人の言うことは気にしなくていいんです。

なにを言われようとも、とにかく試行錯誤してやってみる人は、「常識に固められた道」ではなく「いばらの道」を歩いている。

そのいばらの道の歩き方はそこを歩いた人しかわからない。いばらを取り除いて一歩一歩進める人が”常識”を常識だと信じないで自分の生き方を自分で決めれるのです。