成果を出す人の特徴とは?【結論:努力量がハンパない】

Blog Job life

「成果を出す人の特徴ってどんなんだろう?成果を出す方法を知りたい」

こんにちは、三代目ナポリタンです。

今回、「成果を出す人は努力量がハンパない」ことについて解説いたします。

結論から言いますと、「努力量」がハンパないです。

結果を出すには相当の作業量が必要なんです。

スポンサーリンク

成果を出す人の特徴とは?

美しい, 女の子, 女性, 若いです, 肖像画, 人, 顔, モデル

成果を出している人って「努力量」がハンパないんです。

世の中の人で成果を出している人は「努力量」がハンパないですね。

ブログでもYouTubeでも毎日更新は当たり前です。

自分が努力して成果を出していれば、そうした「成果を出している人」と出会える確率も上がるのだと考えます。

成果を出す人は「努力量がハンパない」

成果を出す人は、努力量がハンパない件。

ブログは1日5本

本数が大事だとは限りませんが、記事数が多ければ多いほうがいいです。

記事の質を高めると共に1日の投稿数を最大限増やすのです。


・ブログは1日5本

・YouTubeは1日2本

例えばですが、このような目標値を高く設定します。

成果を出す人は「失敗を気にしない」

クイズ, テスト, 試験, アンケート, 複数の選択肢, 答え, テスト

努力している人は、目標をいかに達成するかを考えていて

失敗することを考えていないというより気にしていない」のです。


・失敗する人 →   失敗を気にして怖がりながら行動する
・成功する人 →   目標に突き進んでいて失敗が目に入らない

トーマス・エジソンの言葉で「天才とは99%の努力と1%のひらめきである」

このように遺しています。

一部の本当の天才ではない限り、成果を出すには努力量が必要不可欠ということ

ブログでもそうなんですが、「月5本の投稿で30万稼げます」などを謳う本がありますが

あれは正直ウソだと思います。

そんな甘い世界ではありませんし、作業量が少なすぎます。

適当もいい所。

極端な話、世界の長者番付に常に上位にランクインしている人たちは、過去に失敗をいっぱい重ねて今の成功があるのです。

ですので、月5本ぐらいの投稿で30万は正直言ってムリです。ダマされてはいけません。

成果を出すためにすべきこと

成果を出すために、自分の限界を作らないことが大事だと思います。


・ブログを毎日更新する

・YouTubeを毎日投稿
・ツイートを1日10ツイートを毎日する
・筋トレを毎日する
・英単語を1日300個覚える
・朝8:00に起床 夜10:00に就寝

上記ですが「結構大変ですね。。。。」

相当に意識していないとムリです。

でも、実現は可能です。
1年ぐらいで達成できると思います。

成果を出す方法

結論、「目標を決める

目標を決めたら、努力人生がスタート

夕日, 虞美人草, 太陽, Priroda, 地平線, 夕日, 夕日, 夕日

目標がある人・ない人がいますが目標がないのに「努力」はできません。

まずは、「目標を決めましょう」


・なにを目標に努力をしますか?

・それを達成するために何を諦めますか?

上記のとおりです。


大半の人は、「あれもやろう。これもやろう」といっぱい目標に掲げているからやる気が分散している。

そのために、アップアップになってしまいます。
重要なのことは「目標には1つもしくは2つだけにして他は諦めること」

目標を決めるために、捨てることをリストアップ

紙, ブロック, 書きます, メモ, 注意, ペン, オフィス, リスト, 付箋

何かを達成するには、何かを諦めないといけません。

時間には限りがあるので、すべてをやることは不可能です。

たとえば、「ライターとして生きていきたい」と目標に決めたのなら

1日7〜8時間は確保したいです。


・会社を辞める
・友人付き合いをなくす
・飲み会には参加しない
・テレビを見ないor捨てる
・スマホを遠くにおく

たとえば、上記のとおりですね。

いきなり会社を辞めるのはリスキーすぎますので
ライターとして稼げるようになってからでいいと思います。

正直、フリーランスのライターは最初は単価が低いので、稼げません。

実績を作っていって単価を上げていきます。

いきなり「月20万円」稼ぐというのはかなりムズカシイです。

「失敗して当たり前」という考えがないと、なにか壁にあたったときに

立ち直れずに挫折してしまいます。

目標を決めたら、そのために突き進む

目標を決めたら、達成するために迷わず突き進むこと


・これじゃムリだな

・ぜんぜん読んでもらえなかったらどうしよう
・契約打ち切られたらどうしよう

上記のような気持ちは、萎えさせるだけ。


「成功しない人は、そもそも挑戦をしていない人。ゆえに失敗もしないのです。」

 

失敗のために、挑戦をするのは順序が逆ですが

挑戦をして失敗をして、失敗をして、その後に成功を掴むのです。

成功している人は、過去に何十回、何百回も失敗しています。

成功している人を羨ましく思いつつ、努力するのみ

どんな分野でも独学や自分流では、なかなか成功しづらいです。

ですので、成功している人に嫉妬しつつも参考にしてみてください。

羨ましいという感情が先行しがちですが、そこを抑えつつも

いいところを真似して、取り入れてみてください。

今回は以上になります。