【悲報】物価は上がるし、年収も上がらないという地獄のような状況でどうすればいいの?

Job life

こんにちは三代目ナポリタンです。

物価が上がり、年収は上がらない。

こんな状況でどうすればいいんでしょうか。

結論から言いますと、副業で年収の絶対数を底上げするしかないのです。

よく言われているのが節約をすることで、少しでも支出が減り、生活がラクになると。

ですが、節約でもどうにもならない状況なんです。

だからこそ「副業」で年収の底上げが大事。

スポンサーリンク

物価は上がるし、年収は上がらない。地獄の状況を打開するには?

物価は上がり続けています。というよりインフレの状態で生活必需品が値上がりしている状態。

うん。。。。どうしようもない状態ですね。

ではどうすればいいのでしょうか。

結論、副業をして年収の底上げをすべきだと考えます。

副業をして年収の底上げをすべき

本業+副業のダブルインカムを目指すこと。

さきほど述べましたように、物価は上がり、年収は上がらない状態。

そして生活必需品は値上がりしていくと、生活が苦しくなるいっぽう。

だからこそ副業をして少しでも生活を楽にします。

関連記事:年収1億円になる人の7個の習慣【結論、年収300万円の人と思考が違う】  

関連記事:【悲報】終身雇用はとっく終わっているお話。会社員がムリゲーなんです。  

節約は意味をなさなくなる時代へ

今後、節約は意味をなさなくなります。

どんな節約をしても、物価が上がり年収が上がらない状態では生活が楽にならないからです。

むしろ、苦しくなるいっぽう。

もちろん、無駄な支出は極力抑えていくことは重要です。

ただそれだけでは何の解決にはなりません。

副業をして年収の底上げをしていかなければ意味がないのです。

だからこそ、本業と副業でダブルインカムを得るのが生き残る術

企業に対して70歳まで就業機会確保を努力義務とする「改正高齢者雇用安定法」が令和3年4月からスタートしました。

つまり企業が社員を70歳まで雇用してくださいね。でも、それは努力であって義務ではないですよということ。

定年が60歳だったのが事実上70歳まで伸びたということになります。

この法案により、日本は「生涯労働時代」に入ったといっても過言ではないのです。

定年を迎えても働かないといけない時代に突入しています。

年金のもらえる額が減ることが確実視されていることを踏まえると、70歳まで定年が伸びたということは朗報だと考えます。

だからこそ、定年まで本業と副業でダブルインカムを得て、少しでも生活を楽にするようにすることが生き残る術なんです。

まとめ

死ぬまで働かないといけない時代になったということですよね。。。。。

なんか暗い世の中になった気がします。

というより将来不安で仕方がないんですが、、

ダブルインカムでなんとか生き残る術を身につけていければなって思います。

↓関連記事も合わせてお読みください。

関連記事:マナブさんの生き様がすごい。会社員生活を早めに切り上げてフリーランスとして億り人へ  

関連記事:フリーターで一生独身女性の末路はお先真っ暗?!【現実的に見て、明るい未来ではない】