これからは「サラリーマンはクビになりやすい状況」になっていく

Job life

こんにちはゲスブロガー三代目ナポリタンです。

これからは「サラリーマンはクビになりやすい状況」になっていきます。

つまり、「言われたことだけしかやらない人間はいらない」ということ。

スポンサーリンク

会社は守ってくれない時代になった

大企業でも早期退職が始まり、銀行など金融系でもDX化の波が押し寄せて人員削減のニュースをよく目にするようになった。

こんな時代になっても、自分で考え、行動できる人は会社を辞めても独立してやっていけるだろう。

ただ、問題なのが「ただ言われただけをやっている人間」なのだ。

会社はあなたの人生を保証はしてくれません。

業績が悪化したら平気でクビを切ります。

終身雇用はとっくに終わっているんです。これからは会社で頼って生きてはいけないと思うんです。

副業を解禁したし、会社はもうダメなんであとは自分でなんとかしてね!

海外から優秀な人材が日本になだれ込んできて、安い労働力で高い成果を出すようになったら?

自分の頭で何も考えずに生きてきた人って何を頼って生きていくんだろう?

もう「会社は守ってくれない」ということに気づくときないのかな・・・・

会社にいてもいなくても、個人で稼ぐスキルを身につける

これはわたしの予想だし、日本の労働環境が改善されるかもしれないし

会社に残るか・独立するかは自由だけれども、どちらにせよ「個人で稼ぐ」スキルは絶対に必要になります。

そのスキルが身につけば、会社に所属していても、いなくても、やっていけるから。

自分の能力が活かされる場所を知って、存分に発揮できる仕事を作って提供する。

それを考える力が、日本の労働環境には圧倒的に足りない気がする。

みんなあまりにも受け身過ぎなんじゃないかな。

そこに気づいて、自分で動き、行動できる人がどんな状況になっても生きていけるのだろう。