【必見!!】本を売るならブックオフよりメルカリで売った方が断然高く売れます!!

Job life

こんにちは三代目ナポリタンです。

みなさんは本を売るとき、どこで売っていますか?

ブックオフで売るという人が多いと思います。ですが、それはかなり損をしていることになります。

だいたい1冊10〜20円ぐらいが相場でして、大量に売ってもたかが知れてます。

メルカリは2〜3冊まとめて、1500円ぐらいの値をつけても売れます。

内容によりけりではありますが、よほど酷い内容でなければ高く売れます。

まぁブックオフなんかと比べたら、比にならないぐらいの売り上げになりますよ。

スポンサーリンク

本を売るならメルカリがベスト

読まなくなった本を売るとき、ブックオフでまとめて売るという人は結構多いと考えます。

ですが、それは一旦待ってください。

なぜならブックオフで売ると二束三文の値段で買い叩かれるからです。

1冊10円が相場でして、10冊ぐらいまとめて売ったとしても300円いくかも微妙ですよ。

しかし、メルカリで出品すれば高値で売ることが可能なんです。

1冊でもいいし、数冊まとめて出品してもいいのですが、比較的高くしても結構売れます。

たとえば、2〜3冊まとめて出品するとします。値段を1500円とかにしても意外に売れます。

本のジャンルによりけりですが、美品であればイケるのでぜひお試しください。

売れなかったら10冊ぐらいまとめて出すのもありですね。

数を増やすことによって売れる確率が上がります。値段をべらぼうに上げるのではなく、2000〜2500円ぐらいの範囲がオススメです。

それ以上に値段にすると敬遠されてしまうためです。

メルカリは本以外も売れるため、いらなくなったものは出品するといいです。

間違ってもブックオフには売ってはいけません

ブックオフに売ることはNGです。

上記で説明しましたように、売っても1冊10円ぐらいにしかならないからです。

あーいうお店は安値で買取して、高値で売るのが基本です。当然ですが、そうしなければ利益が出ませんからね。

ただ本を売る側から見たら高く売りたいので、ブックオフに売っていたら損でしかないんです。

だからこそ、メルカリで売るべきなんです。

たとえば、漫画を売りにいくとします。最近の作品で発行部数が多いものでも、1冊100円いけばいいところでして

メルカリならば、450円ぐらいにしても売れます。人気作品ならばですがね。

ちなみにブックオフで買うのも微妙です。

安く買えるかというと、そこまで安くはありません。

欲しいものがメルカリになければ、ブックオフとかでもいいと思いますが、極力は利用しないほうがいいです。

ではどこで買えばいいのかと言いますと、

スバリAmazonです!!それも中古の方で買うようにしてください。

最近Amazonが巧妙でして、中古の本のページがどこにあるのかわかりにくくしてます(笑)

新品で買った方がAmazon側の売り上げに大きく影響しますからね。汚いやり口ですよ。

それはともかく、物によりけりですが1冊30円とかで売っている本もあります。

ただ注意して頂きたいのが、送料がかかるということ。

Amazonプライム会員の人は送料無料となっていますが、それは中古ではなく新品の物を買うときに適用されます。

Primeのマークが付いている商品ならなんでも送料無料です。

中古の物はAmazonマーケットプライスに全国の業者が出品していて、商品はそれぞれの業者が管理、Amazonが代金の管理を行なっているという形。

ですので、送料と値段をプラスして高くつくようであれば買うのはやめた方がいいと思います。

ですが、ブックオフで買うよりかは結構安く買えるので、メルカリかアマゾンの二択になりますね。

※補足、最近はブックオフもネット販売を行なっておりますが、品揃えが悪いのでオススメはしません。

あと個人的な主観になりますが、店舗の店員の態度がクソ悪かったので2度と利用しないと心に誓いました(笑)

ブックオフの評判はすこぶる悪いので、知りたい方は5チャンネル等をご覧ください。

ヤフオクよりメルカリをオススメする理由

ヤフオクの時代は終わりました。。

メルカリをオススメする理由がいくつかあります。

・ヤフオクに出品するのに会員登録が必要
・商品が届かないときがある
・出品するときにお金が異常にかかる

ヤフオクに出品するのに会員登録が必要

ヤフオクに出品するのに会員登録が必要になります。

「会員登録するだけなら別にいいんじゃないの?」

会員登録するだけなら、、いいんです。

しかし、その会員登録にお金がかかります。Yahoo!プレミアムという名目で508円支払うことになります。

クレジットカードがないと利用できないため。カードを持っていない人は厳しいですね。

後述しますが、出品したときにもお金がかかるシステムで、自分のページを検索上位にするために100円とか取られるんです。

もちろんそれは任意にはなりますが。。。

なんかやり方汚いですよね・・

そういうのもあって筆者はメルカリに移行しました。もう何年もヤフオク使ってません。

というかもうヤフオクを使うことはないと思います。メリットがなんにもないですから。

商品が届かないときがある

ヤフオクで商品が届かないときがあるんです。

落札して入金しても商品が届かないときがあって、かなり困ったことがあります。

結構他の人でも起こっているトラブルでして、こういうことがあると信用なくなりますよね。

メルカリでも起こる可能性はゼロではないと思いますが、いまのところ聞いたことはないです。

目立ったトラブルも見てないので、メルカリは安心できるサイトだと考えています。

↑は異常ですね。こんなのいるんだ?!タチが悪すぎて腹立つ。

出品するときにお金が異常にかかる

ヤフオク手数料について

詳しくは上記をごらんください。

手数料がそれぞれの出品物の種類によって手数料が変わるんですが、

1番疑問に思ったのが、オプション利用料でして、「注目のオークション」に22円/1日、かかるなど。

売れなくて出品し続けている限り加算されていくシステム。

これ怖くないですか?

正直、あんまりお得だと思わないんですよ。本当に注目されているかわからないし、そもそも出品した物が売れる商品であればすぐ売れるのため、オプション手数料なんて付けなくてもいいと思うんですよね。

細かい手数料を設定して儲けようという考えがヤフオク側にあると考えます。

結論、物を売るのにお金の掛けすぎはNG

MMD研究所:フリマサービス・アプリで転売品を購入しない人は42.9%、出品の際に50.6%が転売かどうか意識すると回答

上記サイトを見ると、意外にヤフオクもまだまだ使われていることがわかります。

メルカリがトップの63%、ヤフオクが58.4%と僅差。

そのあとにラクマなどが続く形ですね。

フリマ・サービスを使うとき重視する点で、出品・購入のスムーズさが1位にきています。

この項目でいうと、圧倒的にメルカリの方が出品・購入の両面で優れていると考えます。

さきほど説明しましたように、ヤフオクの手数料やヤフー会員にならないと出品できないのは利用者にとっては面倒です。これがメルカリに追い抜かされた原因でもあると思います。

今後、差は広がっていくでしょう。筆者の思いとしてはどんどんメルカリユーザーが増えていくことを望みます。

別にメルカリの回し者ではないのですが、出品も購入もよくするため増えたほうがありがたいですね。

スポンサーリンク

最近ではメルカリで本を買ってます。

最近はよくメルカリで本を買っていて、漫画やビジネス本はメルカリで買うことが多いですね。

Amazonで買うより安く買えること、漫画も全巻まとめて売っている人が多いので一気読みしたいときはメルカリの方が断然お得なんです。

読まなくなったらまたメルカリで売ればいいので、一石二鳥ですね。

ちなみになんですが、メルカリでビジネスを行う人が増えてきました。

いわゆるせどりというものです。

中国サイトなどから安く商品を仕入れて、メルカリで売って差額を儲けるというもの。

売れる商品であればかなり儲けることができるため、主婦やサラリーマンの間では広く浸透しているようです。

まとめ

今回、「本を売るならブックオフよりメルカリで売りましょう!!」について解説しました。

まとめますと

・ブックオフで売っても1冊10円がいいところ
・メルカリで売ると1冊1000円で売れることもある
・断然ヤフオクよりメルカリをオススメ
・メルカリを使ってビジネスができる

いらなくなったものなんかがあるとき、メルカリでサクッと売ってしまいましょう。

結構、家の中に宝物が転がってますので、ぜひ探してみてください。

現場からは以上になります。

↓合わせてお読みください

関連記事:個人で稼ぐチカラを身につけたい!!【やることたった2つ】

関連記事:趣味ないって人生つまらないと思いませんか?【結論、強がっても心の底ではむなしさを感じてる】