辛いのなら会社で無理して働くことはないです。【適当でOK!!】

Job life

「会社で働くのが辛くてしょうがない」

「働けども楽にならない」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「会社で無理して働かないで、適当でOK!!」というお話をします。

筆者は会社員時代、少しというかかなり適当に働いていました。

PCでカタカタとやっているフリして、ブログ記事を書いていました。それでもなにも言われることはなかったですね。

スポンサーリンク

辛いのなら会社で無理して働くことはない。

コーヒー, カフェ, テーブル, ドリンク, 仕事, ノートブック, カップ

仕事は適当でいいと思います。

日本人は真面目な人が多いので、マジで仕事は適当にしてください。
鬱になると取り返しがつかなくなります。

適当に働いても、文句は言われない

やるべきことをやっていれば、文句は言われないはず。

なにかを成し遂げたいという目標があるのならいいでしょう。

ただ、それ以外なら頑張っても給料なんてまぁ〜上がらないです。頑張らない人は当然上がりませんが、、、、

仕事してもムダとは言いませんが、「まぁ〜微妙」です。

辛いのなら適当に働いて、別ルートを確保する

上記に書いたように、日本人は真面目すぎる傾向にあります。

そして周りが見えていないように思えます。


・会社で嫌なことがあっても、逃げれないものだと考えている

・会社以外の仕事はないので、ここで頑張るしかない
・周りが頑張っているから自分も頑張らないとダメ

このように考えている人が多いです。

実際、私もこう考えていました。

かなり視野が狭いですね。会社しか収入源がないと思い込んでいたのです。

しかし、最近ブログやYouTubeなど自分でコンテンツを作って稼げるものがあることを知りました。つまり、会社が辛かったらやめればいいのです。稼ぐ手段は他にたくさんあります。

つまり選択肢が多いということ。

会社が辛かったら、辞めましょう。辞めても死にません。本当に。

辛いのなら、会社以外で稼ぐ方法を見つける

新しいことにチャレンジしてみることが大事。

たとえば、


・副業をしてみる

・趣味に生きる
・オンラインサロンに入る

副業なら、たとえば「ライティング」や「プログラミング」など。

趣味に生きるなら、自分がいま好きなことを全力でやってみるなど。

たとえば、陶芸や絵を書くことなど。極めるまでに突き詰めていくと生活できるぐらいの収入になるかもしれません。その趣味をYouTubeで発信すれば、収益につながります。

そして、趣味でつながって人脈を増やしていくことで、なにかあらたなビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。

今の仕事が辛いのなら、新たなビジネスチャンスを作る

変更, 壁, 画家, ハウスの画家, 選択, チャンス, 機会, 意思決定

趣味でも副業でもその分野で知り合った人と繋がることで、新たなライフプランが見つかるかもしれません。そのため、コミュニティに入って多くの人と交流することをオススメします。

何が稼げるのか、これから先伸びる分野はなにか。

コミュニティで知り合った人に相談するのもいいでしょう。貪欲に稼ぐチャンスを広げていってください。

会社で適当に働くコツ。

あんまり褒めたやり方ではないかもですが、

会社員時代にわたしがやっていたことです。


・仕事をしてます雰囲気を出す

・提出物があればすぐには出さない
・データ入力などは外注をする

それぞれを深堀していきます。

仕事してます雰囲気を出す

なにかを作業している雰囲気を出していれば、新しい仕事を振られなくて済みますだからPCをカタカタとしていればいいのです。

なにか仕事があるなら、それを先にやってください。

※筆者の場合は、何も仕事がなかったのでwikipediaの文章をひたすらメモ帳に転写していました(笑)かかなり褒められたものではないので、決して真似しないでください。

ですので、PCをカタカタとしていれば大丈夫です。

提出物があればすぐには出さない

解析, アナリティクス, ビジネス, 図, コンピュータ, コンセプト, データ

何か報告書でもあれば、それを期限ギリギリで提出すること。期限切れてからはダメですよ。かなり怒られますからね。

そうすれば何か新しく頼まれても「やることがあるので無理です」と断れますよね。

そうして、スキを見せない努力をするのです。

データ入力などは外注をする

データ入力など誰でもできるものは、外注してもいいと思います。

やはりそれができるのは限られてはきますが、内容が社外秘のものだったりと外に出させないのであれば、絶対に無理ですね。でもそれ以外のことであればクラウドワークスなどで外注してもいいと思います。

ただやる場合は上司に相談をしてみてください。

辛いのなら辞めてもいい

本当に辛いのなら、辞めてもいいのです。

せっかく苦労して入ったのに辞めるなんてマジで無理。」「辞めたら逃げたと思われるから辞めない

こんなやせ我慢はNGですよ。

なんども言いますが、死んだらそこで試合終了です。

ハッキリ言いますが、仕事にそんなに命を賭ける必要はありますか?

仕事、いまの会社が好きで定年まで働きつづけるつもりがあるのなら、それでいいと思います。

しかし、稼ぐ手段が会社しかないという時代はとっくに終わっているんです。今は中学生や高校生でも稼いでいる時代。

30代、40代でも死ぬ気でやれば月収100万円も夢ではないのです。

ですので、会社が辛かったら辞めてもいいと思います。

辞めたら収入が途絶えるから無理と考えるのはものすごくわかります。ただ、無理しているのと生活のために居続けるのは違います。

それはただの「痩せ我慢」でしかないです。

死んだらそこで終わりなんです。よ〜〜く考えてください。

過労死レベルの残業が多い日本企業

一般企業でもそうですが官僚などでも過労死するレベルの残業が多くて問題になっています。

マジで死にますよ?

そんなに頑張っても死んでは意味ないです。ほんとに冷静に考えてください。仕事を頑張るのもいいんですが、死んだらおしまい。すべての努力が水の泡。

不真面目だったら周りから叩かれる

これですよね?日本人の多くは真面目だから一人でもはみ出し者がいたら総スカンです、だから辞めにくいし無理して働いているんです。

サボってもいいんですよ?

会社を辞めても死にません。あなたが会社を辞めても会社は回ります。大丈夫です。ゆるめに生きて人生を楽しみましょう。 

↓合わせてお読みください

関連記事:大企業が安泰という時代は終わっているお話【これからは個人で稼ぐ時代】

関連記事:【会社員の方へ】会社という場所でしか仕事ができないと思いこんでいるのはかなりリスキーなお話。