SESで働いているが現場を変えたい【結論、転職しましょう!】

IT Job

「SESで働いているが現場を変えたい」

「そろそろ現場を変えたいんだけど、どうすればいいのか」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「SESで働いているが現場を変えたい」件について解説します。

結論、「転職しましょう!

SESで現場を転々としても全く意味ないです。転職しましょう。

SESはただの派遣です。独断と偏見とかではなくマジで意味ないです。SIerにプロパーで入ることをおすすめします。

収入もスキルでも伸びません。

スポンサーリンク

SESで働いていて、現場を変えたいと考えている

・SESで働いているが現場を変えたいという悩みがある。
・サーバー監視の仕事をしているが、正直他の現場に行っても同じだと考えている。
・ステップアップしようにも資格を取っても希望の現場にアサインさせてくれない。

このような悩みをお持ちの人は多くいると考えます。

筆者もそうでした。

結論を言いますと、資格を取るのは良いんですが、SESの会社で資格を取ってもあまり意味はないです。

次で詳しくご説明します。

SESで資格を取っても意味はない

スクラブル, ボード ゲーム, 楽しい, エンターテイメント, 手紙, 言葉

SESの会社で資格を取っても意味はない、というよりかなり微妙です。

理由としてIT企業へ派遣されるからです。現場を転々とさせられるだけですので効力は薄いです。

派遣のため転々するのが最初から見えているので取るだけ無駄だということ。

給料を上げる気がサラサラない。というより上げられないんです。

お客さんからの単価が上がらない限りは社員の給料を上げられないから。この不景気の状況で単価はそう簡単には上がりません。100%無駄ではありませんが、資格を取ったら転職しましょう。

資格を取ったら受験料と報奨金をもらえる会社が多いので貰ったら即辞めることをオススメします。

資格を取りまくってお金だけ絞り取って、SIerに転職がベストです(笑)

※補足 ベンダー資格のCCNAやLinucの上位資格を取っていれば、年齢が若ければSIerに未経験でも入れる可能性はあります。ただ年齢がある程度高いと資格があっても厳しいです。これは学歴があってもそうだと考えます。

それは年齢を重ねると物覚えが悪くなったりするなどして、会社に利益をもたらしてくれる可能性が低いと考えるためです。そのため、20代の若い人の方が転職には有利だとされています。

そのままいても年収が上がらない

年収は上がりません。

上記に書いたように「ただの派遣になるからです

だれが何と言おうと派遣ですよ。具体的に説明しますと、中間搾取されるので年収なんて上がるわけがないんです。

単価を上げる努力をすれば?と思われる人もいるでしょう。

上げる努力をしても単価はそう簡単には上がりません。

最初からSESにいないでSIerで働いた方が絶対にいいです。時間のムダです!!

SIerにプロパーで転職する

SIerに就職することをおすすめします。

SESは派遣のために年収は限界が見えているので、年収を上げたいのなら問答無用でSIerに転職すること。面倒だからと行動しない人は低収入のままです。

ほとんどが行動しないまま終わると思います。ですのでこうして記事に書いて世間の人に警鐘を鳴らしています。

少しでもSESで働く人を減らすために、そして高収入で人生を豊かにして欲しいから言っているのです。IT業界で働くのならSESはただの奴隷だと考えてください。

残業代目当てに長時間働いても給料なんてこれっぽっちも貰えません。

人生の無駄ですよ。だったらブログ書いたりYouTubeをやったりした方が人生楽になります。

SIerに就職するということ

コード, プログラミング, ハッキング, Html, Web, データ

SIerに就職するということはどういうことか。

SIerとは要件定義から開発、運用・保守を一貫して行う企業のこと。そこにプロパーで入れば多くのことが経験できる可能性があるということになります。

ですが、SESの派遣の場合一つの部署に配属されたらずっとその部署での仕事になります。当然ですよね?BPですので他の部署に回すことはしません。

こうした理由のためにSESでは経験できないことが多く、そして単純作業が多いので辞めた方がいいと言っているのです。

要件定義のフェーズに他社の人間を入れることはまずないです。

キャリア的にも年収的にも上がりませんよ。SESでやるぐらいならフリーランスとして活動していった方が絶対にイイです。

転職エージェントに登録

転職を考えているのなら転職エージェントを活用してください。

やはり一人でやるのは限界があります。リクナビネクストマイナビエージェントなどプロに相談して案件も紹介してもらえる転職エージェントに登録してみてください。

基本的にはメールや電話のやり取りになりますので、直接会うのは面談の際の1回だけになります。そして、自分が納得のいくまでサポートしてくれるのが特徴。

共通しているのは、もし内定を受けても辞退していい点。絶対に入社しなければいけないことはないのです。

Geekly

GeeklyというIT業界に特化した転職エージェントで転職活動をしていた際に、担当がゴリ押ししてきたことがありました。

内定を受けた会社はあまり評判がよくなく、年収も低いため断りを入れました。内定を頂いた際に、Geeklyの担当者が電話口で「内定の連絡は2〜3日で入れたほうがいい。その会社は良い会社だからステップアップを必ずできるから安心して!」とめちゃくちゃにはやし立てられました。

ノルマを達成したいから適当に入社させとけばいいという魂胆が丸見えで「あっ、この転職エージェントはあまりよくないな」って感じましたね。

そしてこの転職エージェントは未経験とか資格もスキルもない人が使うにはハードルは高いです。

経験豊富でバリバリやっている人ならば使ってみてもいいですが、SESでのらりくらりやってきた人はかなり難しいと思います。

※補足 筆者の独断と偏見で言っておりますが、比較的当たっていると考えます。やはりある程度の職歴とスキルがないと内定を勝ち取るのは厳しいです。

まとめ

今回、「SESで働いているが現場を変えたい」件について解説しました。

もしSESで働くのなら資格を取りまくってやりましょう。そこでサーバー構築のフェーズにステップアップしてください。かならず年収は上がります。

ただ自分がやりたいことができるかはわかりません。

つまりSESは案件ガチャなんです。

どんな案件を持っているかは会社によりけりということ。それが無理ならSIerへ転職してください。

現場からは以上になります。

↓合わせてお読みください

関連記事:SESは案件ガチャです【エンジニア就職を目指している方へ】

関連記事:【悲報】SESからでは転職できない。というよりかなり厳しい。