【20代会社員へ向けた記事】飲み会に行きたくない!!断る理由を20個ご紹介します!!

Job life

こんにちは三代目ナポリタンです。

20代の会社員で、飲み会に行きたくなくてモンモンとしている人向けの記事になります。

そこで今回、飲み会を断る理由を20個ご紹介します!!

これを駆使して飲み会をうまいこと回避していってください。

スポンサーリンク

飲み会に行きたくない人へ・断る理由を20個ご紹介!!

実はダブルワークしてまして、これからまた仕事なんです〜

今日親の病院につきそなわいといけないんです〜

彼氏や彼女と会う約束があるので、ごめんなさい〜〜

今日ちょっと具合が悪いんでパスでお願いします〜〜

仕事で疲れていて、飲み会はいけないんです〜〜

美容院の予約しててこれからいかないといけないんです〜〜

大学の同期と会う予定があって、ごめんなさい〜

高校の同級生と会う予定があって、ごめんなさい〜〜

趣味のオフ会がこの後あってごめんなさい〜〜

このあと彼氏・彼女の両親に会う予定があってごめんなさい〜

大勢がいる場所にいると、気分が悪くなってダメなんです〜

やらなきゃいけない仕事があるので、わたしは会社に残ります。

小学校の同級生と会う約束があってごめんなさい

あたし結構グルメでして、予約しているレストランがあって行かないといけないのでごめんなさい。

今日ボルダリングの予約をしていて、これからいかないといけないんです。ごめんなさい。

今日友達とタコパなんです。ごめんなさい。

今日、婚活パーティなんです。ごめんなさい。

今日、部屋の大掃除なんです。ごめんなさい。

今日、アパートの管理会社に連絡しないといけなくて、ごめんなさい。

今日、早退して病院へ行かないといけないんです。ごめんなさい。

そもそも飲み会は何のためにやるの?

・同じ部署で親睦を図るため
・同じ部署での歓送迎会
・愚痴を言い合うだけのストレス発散の場

    

上記の理由が挙げられます。

結論、ムダですね。

時間とお金のムダです。なんの意味もないです。

わたしは同じ部署で親睦を図るのも、

別に飲み会をやらなくてもいいんじゃないかなって思っていまして、

歓送迎会も勝手にやればいいしと考えている人間です。

それぐらい飲み会になんの意味もないと考えています。

ムダだと思っていない人が多いのが問題。

特に会社員の人はムダだと思っていない人が多すぎです。

ストレス発散のために飲み会ばっかやって、勉強しない人がほとんど。

正直、厳しいと思います。

何が厳しいかと言いますと、40代でリストラになる可能性が高いということ。

これからの時代、AIが発展して人がいらなくなると予測されています。

企業側にとって人件費削減は喫緊の課題でして、人が多ければ多いほど経営に負担がかかります。

だからこそ自動化ができるものは積極的に取り入れて、人を少なくしていこうという動きがあります。

では飲み会ばっかりしているサラリーマンはどうなるのでしょうか。

会社終わりはほぼ飲み歩いているだけ、休日も遊んでばかりで勉強しない。

そんな人間が会社に必要でしょうか。

ローソンの新浪社長の45歳定年制が物語っているように、40代、50代の高給取りはいらないんです。

ただ会社に来て、ソリティアなんかをやってダラダラ過ごしている人はマジでいらないです。

だからこそ45歳で定年にして、若返りを図らないと企業の未来は暗いままになるでしょう。

まとめますと、飲み会ばかりしていないで社会人こそ勉強をしてスキルアップを図りましょう。

45歳定年制はかならず実現すると考えます。

ほぼほぼ間違いなくやってきます。45歳から勉強しても遅いです。

20代、30代のうちにスキルを身につけて、45歳からの人生に備えましょう。

まとめ

今回、「飲み会を断る理由を20個」ご紹介しました。

飲み会ばっかりしているサラリーマンは危険だと思います。

会社に頼る時代は終わりつつあります。そして45歳定年制が浸透してきたらオワコンですね。

おそらくそこから焦っても厳しいと考えます。

ですので、飲み会はたまにやるぐらいで抑えて、自己投資の時間を増やしてみるのはいかがでしょうか。

現場からは以上になります。

↓合わせてお読みください。

関連記事:ローソン新浪社長の45歳定年制提言を聞いて思ったこと。 

関連記事:何もせずにただ会社にしがみつく20代社員の将来は暗いお話。【40代でリストラされる確率が高い】