出前館で稼働する意味がなくなってきたお話。

Job life

こんにちは三代目ナポリタンです

今回、「出前館で稼働する意味がなくなってきたお話」をします。

出前館で稼働する意味がなくなってきたという事とはといいますと、

個人では案件が全然ないからオンラインにしても意味ないということです。

6月末で送料無料キャンペーンが終了したのもあるのか、注文件数は減少傾向にあると予測しています。

注文件数を公表していませんし、筆者の肌感覚でしかないのですがそう感じました。

出前館では3つの雇用形態があります。

・個人業務委託
・法人
・直雇用アルバイト

この3つ。

おそらくなんですが、法人と直雇用アルバイトに優先して案件を振っているため

個人業務委託に入る案件が少ないのではないのかと考えています。

あと後述しますが、拠点スタッフが人の手で案件を割り振っているらしいので、これに関してはかなり信憑性は高いのかなと思います。

当然なんですが、案件がなかったら稼げませんからやる意味はないですよね。

案件が入る = 鳴るフードデリバリーに移るのは至極当然のこと。

出前館があまりにも稼げないため、ウーバーイーツやmenuに流れてきているのかなと考えています

スポンサーリンク

出前館で稼働する意味がなくなってきたお話

結論、「出前館で稼働する意味がなくなってます」  

理由として、「案件が全然ないから

筆者自信は個人業務委託でやっています。つまり、ただ登録しているだけの配達員。

出前館では3つのパターンがあります。

・法人
・直雇用アルバイト
・個人

この3つ。

法人と直雇用と個人では案件の振り分けられ方が全然違うと考えております。

理由として、法人と直雇用に案件を回した方が確実に捌けるから。

個人業務委託はいつ稼働するか分かりませんので、それよりも法人と直雇用のアルバイトに案件を優先的に振り分けた方が確実に売り上げが立ちます。

公表はしていません。聞いても答えないと思います。

筆者の予想でしかないのですが、かなり当たっていると考えます。

元々出前館は自社のスタッフだけでやっていました。それを個人業務委託もやるようになったのはここ1~2年とのこと。

提携飲食店が増えてきたため外注しないと回らないようになった為だと思われます。

飲食店との提携が増えていくのは大いに結構なんですが、配達員が足りないのではあまり意味がないのかなと思います。

理由は様々ありますが、大きな理由は拠点スタッフの態度が悪い点と受けキャンができないことですね。

これが原因で深刻な配達員離れが起きていると考えていて、やっていてストレスしか溜まりません。

筆者はこれが原因で出前館で稼働するのを辞めました。

今はウーバーイーツでしかやっていません。というかウーバーイーツだけ黙々とやっていれば、月30万円近くは稼げます。

自転車で稼働していて、スピードが遅いのですが毎日のように稼働していれば30万円は稼げます。

ですが、出前館では無理だと思います。

そもそも受けキャンできない上に早押しで案件を取るスタイルのため、効率良く稼げないから。

やってみると分かるのですが、かなり非効率でイライラします(笑)

出前館で稼働していても稼げる訳がない

結論、「出前館で稼働しても効率よく稼げない

上記で軽く触れましたが、出前館では案件を早押しで取るスタイルになっています。

そのため、ずっとスマホの画面を見続けていなければなりません。

それも疲れますし、何より案件がない。つまり全く鳴らないのです。

鳴らないのであれば、稼働する意味はないと断言します。

では、他の人はどうなのか。

ここを考えてみました。twitter上では出前館で1日20件とか30件とか案件を受けたなどツイートしている人がいます。

   

「え?なんでそんなに数をこなせるの?そもそも自分のスマホには全然鳴らないのに、、」

筆者はこう感じていました。

1時間に1件あるかどうかなのに、20件もなんて100%無理だと思う。

調べてみたところ、このような情報が回っておりました。

手動で案件を配分しているそうで、人によって鳴る数がぜんぜん違うとのこと

しかも、かなり拠点スタッフの好き嫌いが分かれていて、お気に入りの配達員には多く回すけど嫌いな配達員には全然回さないということもあるとか。

   

「え?マジで?これがもし本当ならクソ企業だな出前館は。」

かなりあり得そうでして、なぜかと言いますと、

「法人と直雇用がいるから。法人よりも直雇用に回した方が確実に案件をさばけるので、売上が立ちやすい」

これですね。これが最大の理由だと言えます。というかこれ以外ないんじゃないのかな。

法人と直雇用に優先的に回しているので個人業務委託は稼げない

上記でも触れましたが、法人と直雇用のアルバイトに優先的に案件を回しているため、個人業務委託は全然鳴りません。

そのため、「稼げない」

ということになります。

当然ですよね。そんなことをされていたのでは、稼げる訳ないのです。

やる意味はまったくありません。

法人と直雇用のアルバイトが存在している限り、個人業務委託では効率良く稼げないことは明白。

8月からアプリがアップデートされ、システムが大きく変わるそうです。

いろいろ試行錯誤してやっているみたいですが、、、、

かなり厳しいと思いますね。

出前館の企業としての体質がぜんぜんよろしくないんです。

販管費にお金をかけすぎて赤字が酷いことになっていますし、送料無料キャンペーンが終わって明らかに注文量が減っています。

なので個人業務委託はより稼げないということになります。

法人と直雇用のアルバイトに優先的に案件を回しているのが濃厚のため、ほぼ個人業務委託では無理と思った方がいいですね。

出前館が自滅していくのが目に見えてわかる

先日、決算が発表されました。

販管費が下がっていましたが、広告に入れる資金がないのか、それともシステムなど別の部分に資金投入しているのか

どちらか分かりませんが、少し時期が遅いのかなと感じています。

というのも広告に力を入れるのは全然いいのですが、あまり効果が出てないんじゃないのかなって考えています。

送料無料キャンペーンで固定客を付けたいという狙いがあったかと思いますが、実際そうなってはいない状態。

むしろ出前館離れが起きているんじゃないのかなと。

ウーバーイーツとかにお客さんが流れている可能性も十分にあり得るのかなと。

理由として、出前館の配達員のレベルが低い。

商品をぼろぼろの状態で渡していたり、配達時間が遅いなど配達員のレベルがウーバーイーツなどと比較して著しく悪いということ。

   

スポンサーリンク

拠点スタッフの態度が悪いため配達員離れが深刻化

拠点スタッフの態度がめちゃくちゃに悪いため、配達員離れが深刻化している問題。

出前館である程度稼働している人でないと分からないことだと思いますが、

拠点スタッフの電話の態度がクソ酷い。。

横柄な態度が多く、サポートがサポートに全くなってないんです。

受けキャンが出来ないのもストレスが溜まる要因かなと。

誤タップしてしまった場合に受けキャンができないとクレームに繋がりますし、客離れにもなると考えています。

そういうことを理屈で理解できていないんでしょうね。

本部の人間は売上しか頭にないので、何がなんでも売上を上げることを現場に徹底させているんです。

そんな会社にはだれも付いていきませんよ。マジで。

報酬単価も下がっているようですし、あまりやる意味がないと思うんです。

だったらウーバーイーツとかmenuで稼働した方が効率的に稼げます。

まとめ

今回、「出前館で稼働する意味がなくなってきたお話」をしました。

筆者はもう出前館では稼働していません。

1回もしていませんし、する気はないですね。

ウーバーイーツでガッツリやった方が効率的に稼げるからです。

ウーバーイーツ側もウーバーイーツだけさせるように仕向けていること、そして案件を自動的に割り振ってくれるため、自分で考えなくてすむのが楽なんです。

出前館でやるとストレスしか溜まりません。再配達になれば自腹を切らないといけないためやるだけ損ですしね。

なので、8月のアップデート以降もやることはないと思います。

現場からは以上になります。