映画「アロハ ALOHA」感想 | 2015年

Movie

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「アロハ ALOHA 」の感想を書いていきます。

結論、「微妙です。」豪華俳優陣なのになんかもったいないって思いました。

レイチェル・マクアダムズもブラッドリー・クーパーもいいのに、脚本と演出が微妙。

ちなみにこの作品は日本未公開です。

スポンサーリンク

映画のあらすじと概要

ロハのネタバレあらすじ

元軍人のブライアン・ギルクレスト(ブラッドリー・クーパー)は、軍事コンサルタントとして雇用されることになり、ハワイへとやってきます。軍と契約を結び、宇宙開発に参入した大富豪カーソン(ビル・マーレイ)による人工衛星打ち上げ計画を手伝うためでした。過去にハワイに駐留していた経験を持つブライアンは昔の恋人トレイシー(レイチェル・マクアダムス)と再会します。
ブライアンの友人ウッディと結婚したトレイシーは二児の母親となっていましたが、多忙な軍人の夫との仲はギクシャクとしていました。一方ブライアンのお目付け役に抜擢されたのは空軍の若き女性パイロット、アリソン・イン(エマ・ストーン)です。ハワイ育ちで楽天的なアリソンに翻弄されるブライアンでしたが、二人はコンビを組んで任務に取り掛かります。

引用:映画ウォッチ

ストーリーやテーマについて(良いところ&悪いところ)

監督がキャメロン・クロウということもあり、観てみましたがちょっとよくわからない。「あの頃ペニーレインと」が1番好きな映画でもあるので、同じ雰囲気なのかなって最初の方は感じたけどなんか違う。

あらすじからカンタンに言いますと、米軍が宇宙開発に乗り出し民間企業と提携して衛星を打ち上げるのですが、それに核爆弾が搭載されているため、ギルクレストがその衛星に対して大量のデータを流して破壊しようとする所があるのですが、そのシーンが今までの雰囲気を壊して急に殺伐としたシーンに入ったので、作品の雰囲気が台無しになったと感じました。それいるのかな?ここで雰囲気が変わったので「う〜ん」微妙だと判断しました。

その他にもギルクレストが10数年ぶりにハワイに帰ってきて、元彼女のレイチェル・アダムズ演じるトレイシーと再会するのですが、トレイシーが旦那とうまくいかなくなってからギルクレストとより戻そうとしている感じも不快に感じた。

正直、わかりにくい。全てを映画を観ている人の解釈に任されている感があって色々と「う〜ん?」これ違うなって感じがあって結論、微妙だわ。「だったら最初からギルクレストと結婚しとけよ!」って思いましたし、意味不明すぎて途中観るの辞めようかなって感じるくらい微妙。

雰囲気が統一されていない点が残念かな。こういう映画なら終始同じ感じで作ればいいのに、ちょっと残念だと思いました。

最後の方のギルクレストと旦那のジョンのシーンとか、なんか無言で心の会話があったけどあそこも「う〜ん」て感じかな。

豪華俳優陣なのにもったいない。この作品で問題になったのが「ホワイトウォッシュ」これは白人ではない設定なのに白人俳優を起用することを言います。 

これで批判が起きました。筆者も観ていて感じました。「ハワイの血が4分の1入り、父親が中国系ハーフ」という設定で白人俳優を起用するのは無理ありすぎあと出てくる人たちが白人ばかりでアジア系があまりいないのが気になりました。最後のホテルかな?そこのフロントの女性がアジア系ぽいのいただけぐらいでした。

ここなんでしょうね。日本未公開なのは。どこの配給会社も買い付けてない理由はこれだと思います。シナリオが微妙。

キャラクター&キャストについて(良いところ&悪いところ)

主演のブラッドリー・クーパーは「ウェンディング・クラッシャーズ」と「世界にひとつのプレイブック」が良かったです。

レイチェル・マクアダムズは文句なしに「きみに読む物語」ですね。これは最高傑作だと思います。それ以外では「ミーン・ガールズ」が印象的でしたが、これは観なくてもいいと思います(笑)それ以外ですと「パニック・フライト」かな。

エマ・ストーンはやっぱり「ラ・ラ・ランド」が良かった。ミュージカルをあらためて好きになった作品でしたね。この作品は観ていて楽しい。一部の人から音楽の使い方で批判があるようですね。ネタバレになるのですが、主役のライアン・ゴズリングがバンドに誘われて入るのですが、そこの部分で一部の音楽関係者からは評価が分かれているようです。ジャズピアニストなのになんか違う方向にシフトチェンジしたから違和感はありました。

アロハ」にも言えることなんですが、作品を通して同じ方向、雰囲気で統一すればいいのに余計なものを差し込んでいるから、バランスが崩れてつまらなくしてしまう。そこがもったいないって思いました。

まとめ

良い作品だとは思います。

作品の雰囲気がぶちこわされた感は否めないですが、豪華俳優陣のためおすすめはします。なんか感想を書きにくい映画ってたまにあるのですが、正直の作品はその類にはいります。

正直、微妙ですよ。おすすめしといてあれなんですが、もったいない。出演陣がいいのに脚本と演出があまりよくないかな。

今まで色々な映画を観てきましたが。久しぶりに微妙な映画を観ました。