WordPressサイトのリダイレクト設定をする方法を解説します【プラグインで一発!!】

Blog IT Wordpress

「URLを変更したので、リダイレクト設定をしたい」

「方法が分からないのでやり方を教えてほしい」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、WordPressサイトをリダイレクト設定する方法を解説します。

サイト移転やドメイン変更、サイトURL変更などをした場合にリダイレクト設定をしなければいけません。

旧URLでアクセスをしていた読者がサイトにアクセスできなくなるため、新URLに自動転送しないと

見れないままになってしまいます。そのためリダイレクト設定をします。

本記事ではリダイレクト設定の方法を丁寧に解説していきます。

スポンサーリンク

リダイレクトとは

Webサイトリニューアル後のSEO対策!301リダイレクトの基本と設定方法 | Webmedia

カンタンに言いますと、旧URLから新URLへ自動転送することです。

やむおえずにドメインを変更した場合にリダイレクト設定を行わないと読者がサイトを見れない状態になるため必ずリダイレクト設定を行ってください。

SEO的に今までのGoolgeの評価が下がる可能性があるのですぐに設定してください。

【WordPress】URLをドメインだけに設定する方法【カンタンにできます】

wpX Speed

リダイレクトの種類

・301リダイレクト
・302リダイレクト

それぞれを深堀していきます。

301リダイレクト

恒久的なリダイレクトという意味です。

・もうURLを古いものに戻さない場合
・http→https SSL化した場合
・サイトをまるごと新しいドメインで引っ越した場合
・wwwあり・なしを統一したいとき

302リダイレクト

302の場合は、一時的な意味合いを持ちます。

たとえばサイトをメンテナンスするために、一時的にお知らせページへリダイレクトしたい場合などに使われます。

以前は302リダイレクトをするとGoogle評価を失い検索順位が急落することがありましたが、今はリダイレクト先にもGoogle評価を渡すようになった為、順位を落とす心配はありません。

WordPressサイトのリダイレクト設定をする方法

プラグインでリダイレクトをカンタンにする方法を解説します。

これを使えばカンタンにリダイレクト設定をすることができます。

【プラグイン】Redirection

Redirection」で検索します。インストールして有効にしてください。

プラグイン一覧から「Redirection」の設定をクリックします。

上記「転送ルール」タブを選択。

歯車マークをクリックすると展開されます。

ソースURL・・・「転送元のURLを入力」 「正規表現」を選択

^/ドメイン配下のサブディレクトリ/(.*)$

↑ハットマーク/旧URLから外したいディレクトリ/(ドット アスタリスク)ドルマーク

上記コードにしますとeni~を外したURLにリダイレクトするという設定になります。

一致条件・・・「URLのみを選択」

一致した時・・・「URLへ転送を選択」

ターゲットURL・・・「転送先のURLを入力」

/$1

上記コードでサイト全体が新URLへリダイレクトされます。つまり記事ごとに1つずつリダイレクト設定しなくてもこれだけでOK!

そのあとに旧URLからアクセスして新URLへリダイレクトするか確認してください。

カンタンでしたね。ドメインやサイト移転をした場合はかならずこの301リダイレクトをしてください。

今回は以上になります。