フーデリで稼働している時は、それぞれの帽子を着用した方がいいお話。

Job life


こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「フーデリで稼働している時は、それぞれの帽子を着用した方がいい」件についてお話します。

フーデリでバイトしているのですが、以前は出前館で稼働していたため、出前館の帽子をかぶって動き回っていました。そのため、飲食店の人には自分がお店に
入ってきたら出前館の人だとすぐ分かってもらえました。

ただ、出前館を辞めウーバーイーツで稼働をし始めたので、出前館の帽子をかぶっていると口では「ウーバーイーツです!」と言っても帽子で出前館の人だと認識されてしまうんです。。

当たり前なんですよ(笑)

なので、ウーバーイーツで稼働している場合はウーバーイーツの帽子かまったく関係のない帽子を着用した方がいいというお話です。

スポンサーリンク

ウーバーイーツで稼働ならウーバーイーツの帽子を着用すべき


個人的なお話なんですが、帽子をかぶらないと稼働したくないんですよ。それは、頭を隠したいから。

つまり薄毛なので見られたくないからです。

普段使いのユニクロの帽子を着用したいのですが、それはぶかぶかで自転車に乗れない(風で飛ばされるから)、稼働中は出前館の帽子を使っていました。

出前館の帽子はサイズが調整できますし、キツクすれば頭にがっちりとフィットするため風で飛ばされることはあまりないです。

もう一度言いますが、出前館で稼働しなくなったため出前館の帽子で稼働しているとお店の人に出前館の人と間違えれるんです。(←当たり前!!)

だからウーバーイーツで稼働しているのなら、ウーバーの帽子を買うべきだと。

出前館に嫌気がさしたからウーバーに乗り換えた


出前館が個人的に嫌気を差してきたので、ウーバー一択で稼働しています。

稼働中の恰好が、帽子が出前館、服がWOLTのパーカー、稼働しているのがウーバーイーツ。(笑)

こんなわけのわからない格好のため、先日マックの店員に言われました。

「3つやっているんですか?」



頭が出前館だったので、ウーバーだと思えませんでしたとのこと。

「まぁ~~そりゃそうですよね。」


だってウーバーで稼働しているのに、一切ウーバーの文字が見えないんですもの・・・・

なので、ウーバーの帽子を買いたいと思います。

ウーバーで稼働している人を道でよく見かけるのですが、というかウーバーの配達バッグをですが。ウーバーの帽子を被っている人を見たことがないんですけどね。

それか何も被らない人のほうが多いイメージ。
被っていてもウーバーとはなんも関係のないものとか。

「みんなやる気ないよね~~」


配達のバイトだからか、気合を入れてやっている人は少ないイメージ。
専業だからといっても金を稼ぐ手段であり、なんら関係のないバイトですからね。当然といえば当然ですがね。

ただ、筆者の場合は完全に店員に間違えられるので、変えます(笑)

出前館では8月まではやらないと決めているので、出前館の帽子は封印します。
8月からドライバーアプリが大幅アップデートされるため、それまではウーバー一択でやろうと考えています。

どういう風に改善されるのか期待していますが、ウーバーで十分稼げるのであれば、やることはないかなって思います。

というか、今の段階で結構稼げている感覚なので、8月まで待たなくてもいいかなという感じですね。マジで。

ウーバーがあまりにも300円単価ばかりで無理という人は、menuの方がいいと思います。menuをやったことはないのですが、出前館よりは良いと思います。

理由として、3つ。

①:報酬のほかに距離別報酬+インセンティブとボーナスなどがつく
②:報酬をいくら稼いでいるのかが1円単位で分かるためモチベーション維持できる
③:提携飲食店数が多い



①距離に、距離に応じて報酬がプラスされます。それにインセンティブがつくこともあるため、稼げる仕組みになっているんです。

②、1件でいくら稼げたのかを表示されるため、モチベーションアップできます。報酬が今これぐらいなので、あともう少し稼働しようかなと計画を立てて動けます。

③、ある程度、提携飲食店数が多いため稼げること。出前館と比較すると少しだけ少ないのですが、東京や大阪など都心部では比較的稼ぎやすいと考えます。
そもそも、ウーバーであろうと出前館であろうと、田舎すぎると注文数が少ないため稼ぎにくいのは共通してあると思います。
それは認識して欲しいです。


出前館の何がダメなのかというと

①:受けキャンができない
②:早押しのため安定して稼げない
③:拠点スタッフ&本部の人間の質が低い

①、受けキャンとは、一度受けた案件をキャンセルすること。間違えて受けってしまってそれをキャンセルできないと、遅配になります。それがクレームにつながるんですね。

たとえば、1件受けていたとします。間違えてもう1件受けてしまいましたと。間違えて受けた方と先の1件の届け先が反対方向であった場合、後に受けた1件をキャンセルしないと遅配になります。クレームになる可能性が高いため、キャンセルできれば物事がスムーズに終われますよね。

キャンセルしたのをまた流して違う配達員に受けてもらえばいいだけなんですよ。それを出前館は”受けキャン”ができないので、面倒なんです。

実際あったのは、誤タップして1件受けてしまい、先に受けていたものと届け先が反対方向になっていたことがありました。無理だと思い、キャンセルしたいと拠点に電話したら、無理だと言われて自分でどうにかしてくれと。

お客さんに電話して返金かキャンセルかを聞いて欲しいとのこと。
まず、お客さんに聞くことが間違っているし、手間をお客さんに取らしている段階で頭が悪い。あと拠点スタッフがバカ。

こういうことが積み重なって出前館では稼働したいと思わないんですよ。

②、基本的に案件は早押しで取って動きます。そのためずっとスマホの画面とにらめっこしていないといけません。していたとしても取れるとは限りません。
早い人は不正なアプリを使っているので、勝てないんです。それ以外でもスマホの性能の差で負けることもあります。

そのため、安定して稼げないのです。

取れなかったら当然稼ぎはゼロ。時間のムダですよね。

しかし、ウーバーイーツの場合は自分宛に案件を流してくれるため比較的に稼ぎやすいといえます。単価300円でもゼロとはえらい違いがありますよね?

出前館はゼロの場合が非常に多いと考えます。それが配達員数が伸び悩んでいるのではとも思います。

③、拠点スタッフ&本部の人間の質が悪い。
結論、レベルの低い人しか集まっていない。
論外すぎてやってらんないです。

これに関しては主観でしかないので、他の人は分かりにくいと思います。
簡単に説明すると、拠点の対応が対応になっていないこと、報連相がロクにできない。

拠点ごとにLineグループがあり、そこに何かがあれば連絡するのですが、連絡しても既読にもならない。

こっちは用事があるので連絡しているのにも関わらず無視。

その段階でこんな会社で稼働しようなんて誰も思いませんよ。
なので筆者はゼッタイに出前館の利益になるようなことだけはしません。

まとめ


ウーバーイーツで稼働するのなら、ウーバーイーツの帽子をかぶりましょうというお話でした。

正直、帽子かぶらなくてもいいんですがね。個人的に何かしらの理由で帽子をかぶりたいので、出前館ではなくウーバーイーツの帽子をかぶりたいと思います。

この記事で参考になることは、ウーバーイーツ、menu、出前館の比較ですね。それぞれ良いところはあるとは思いますが、独断と偏見ですが出前館はおススメしません。

ウーバーイーツ←menu←出前館の順でやった方がいいと思います。