手取り15万円で生活できるか  【結論:余裕でできます!!】

life

「手取り15万円ってきついの?」

「これじゃやっていけないよね」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、こんな疑問にお答えします。

そもそも手取り15万円で暮らせるのか?
結論、独身であれば余裕で暮らせます。

スポンサーリンク

一人暮らしの家計内訳

家賃:30000〜35000

光熱費:4500〜5000

通信費:1500(格安SIM)

交際費:0

これがベストな家計だと考えます。

ただ地方で車が必須という人はこれに

クルマ関連:3万〜4万

が追加されるとしても8万は残ります。

全然やっていける月収ですね。

独身の人の貯金の方法

8万からいくら貯金をするか。

3万は月々引き落としで定期預金か投資信託で積立てで貯めていくのをおすすめします。

いちいち手動で別の口座に移すのは大変ですし、忘れる場合もありますので自動で引き落とししてくれる積み立て投資がベストだと思います。

そして残り5万円で自由にできるということ。

家賃は月収の3割はうそ

これって誰がいいはじめたんですかね?

あの、正直3割も家賃に払っていたらまったくお金はたまりませんよ?

見栄をはってはいませんか?そういう人かなりいらっしゃると思います。

今すぐ引越しましょう。田舎ならば大丈夫です。都内とか家賃が高いところを選ぶからお金がたまらないのです。

実家暮らしは勝ち組

稼げるようになるまでは、実家暮らしでもいいと思います。

ばりばり稼げるようになれば、すぐ一人暮らしをはじめましょう。

一人暮らしをすると、親のありがたみがよくわかります。家事・洗濯どれだけ大変か、、、、

いつかは一人になります。

でも一人暮らしは早い方がいいですよ。気兼ねなく自由に生活できるので最高です。

手取り15万で結婚をする

結論:ムリではないと考えます。

相手が15万円以上の稼ぎがあったら、世帯収入は30万以上になるのでそこまで悲観的になる必要もないかなって感じます。

上記のように、削れるところをけずってけずりまくれば全然いけます。

でも子供を持つとなると厳しいと考えます。

こういうところが少子高齢化がすすむ原因なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

家計簿アプリで月々の支出を記録する

使った額が数字で目にみえてわかるので、「この日使いすぎたから節約しないと」など反省ができるのでおすすめです。

なにが分かるか

食費にいくらかかったとか、コンビニで何をかったのかとかなど

ムダを洗い出せるので、そこでふりかえってみて支出を減らす努力をしてみましょう。

わたしは外食が多いときがあるので、そこを控えていくことが大事だと考えました。

外食はムダですからね。こうして振り返ってみてわかることがたくさんありました。

お金の流れがわかるため、ぜひやってみてください。

まとめ

15万円までなら家賃が安い地方などに住めば全然生活はしていけます。

ですので、まずは固定費を下げることからはじめてください。

結構な人が大手キャリアを使っているので、格安simに変えることをオススメします。

地方では使えない格安simがあるのため、そういった方は仕方がないとは思います。

首都圏など使える格安simが多いため、ゼッタイ変えた方がいいです。

回線の繋がり具合なんて素人目では分からないです。マジで。

家ではwifiを使えば節約できますしね。

ぶっちゃけ変えない人の気がしれないです(笑)

↓合わせてお読みください

関連記事:趣味ないって人生つまらないと思いませんか?【結論、強がっても心の底ではむなしさを感じてる】

関連記事:【女性必見!!】泣くほど仕事に行きたくない理由は単純。【  結論、会社が好きではないから。 】