Googleアドセンスが通らない?! 審査期間と基準を解説します

GoogleAdsence

「Googleアドセンスが通らないので、審査基準と審査期間がどれくらいなのかを知りたい。」

こんにちは、三代目ナポリタンです。

今回、「Googleアドセンスの審査に通らない」というお悩みにお答えします。

想定読者


・Googleアドセンスの審査期間はどれくらい

・Googleアドセンスの審査基準を知りたい
・審査に通らないのはなんでだろう

Goolgeが審査するポイントとして、「ユーザーにとって有益であるサイト」に許可をしている点です。

ユーザーがWebサイトを見て、「悩み・疑問」を解決できたら有益だと判断されます。

結論、とくかく「ユーザーに貢献するサイト」であれば審査は通りやすいです。

本記事では、Googleアドセンスについて解説していきます。

「通らないと悩んでいる」人はぜひ本記事を読んで改善してみてください。

スポンサーリンク

Googleアドセンス審査について

Google, Www, オンライン検索, 検索, Web ページ

Googleアドセンス審査とは

Googleが「広告を載せるのにふさわしい」かを審査することです。

低品質なサイトが乱立すると、ユーザーの不満が高まりGoogleの信頼が失われてしまいます。

そのために広告を貼るサイトは厳正に審査をして、ユーザーにとって有益なサイトのみがGoogleの広告を貼れるようにしました。

Googleアドセンス審査に通りやすいサイト

Googleアドセンス審査に通りやすいサイトがあります。

ユーザーにとって有益なサイト


・オリジナリティあふれるサイト

・ボリュームのあるページ数
・画像があったりとデザイン面
・ユーザビリティがある

ユーザーにとって有益なサイト

1番重要なことですね。

そもそも読者にとって有益なサイトでなければ、Googleに載せる意味はないです。

中身が空っぽなサイトは誰も読みません。

そんなサイトにGoogleの広告を載せてもまったく意味がないのです。

たとえば、キーワード「ブログ 書き方」で検索した読者は

これからブログを書こうとしている

ブログの書き方を知りたい

このような考えを持って検索します。

ですので、サイト運営者はこの悩みや疑問に応えるべく

ブログを書く方法を具体的かつ誰でも理解できるように記事を書いてください。

これがユーザーにとって有益なサイトづくりになります。

オリジナリティあふれるサイト

色鉛筆, つ星ホテル, カラー サークル, 筆記用具, キャラクタ デバイス

独自のサイトをつくること。

他のブログやサイトの記事を丸パクリするのはNGです。

それをやってしまうと、厳しいペナルティが課せられます。

パクられた相手から著作権侵害で訴えられます。

確実に負けるので、ゼッタイに1言1句同じは厳禁です。

※補足

記事構成や文章の切り口を参考にするならOKです。

微妙なところなんですが、1文でもパクるとNGな場合があるので

本当に参考程度にしときましょう。

ボリュームのあるページ数

ブログだと100記事とか50記事でも審査は通ると言われています。

ですが、1記事は通らないと思ってください。

1記事で審査通った人は聞いたことがないです。。。。

明確な記事数はわかりませんが、多ければ多いほどいいです。

もちろん内容がしっかりしていることが大事ですよ?

あと、1記事1000文字程度は必要とは言われていますが、

明確な根拠はありません。

大事なのは、記事数よりも読者に有益な記事を書くこと

ここを意識しながらサイト運営をしていきましょう。

画像があったりとデザイン面を重視する

記事内の見出しの下に画像を入れたりなどすると

見映えがよく読者が読みやすい記事になります。

フリー素材をおすすめします。

理由としては、ネットで拾ってきた芸能人の画像などは著作権の問題があるので

フリー素材を強くおすすめします。

ユーザビリティがある

ノート, 空, 紙, デザイナー, テーブル, 本, オープン, 参照, ページ

簡単に言いますと、読者の使い勝手が良いこと。

目安は2クリックでトップページに戻れることです。

TOPページ

カテゴリーページ

記事

上記のような階層がベストです。

これよりも階層が深いとトップページに戻るのに時間がかかるので

読者離脱をまねきますので、2クリックでトップページまで戻れる階層をおすすめします。

Googleアドセンス審査期間

Googleアドセンスの審査期間はまちまちでして

数日で結果が出るものもあったり、2週間かかるものもあったりして

決まった期間はありません。

そして不合格になった場合も、いっさい理由は教えてくれません。

すべて他の人の審査結果を聞いて参考にするぐらいですね。

スポンサーリンク

4審査前にやること3つ

 
・WordPressで独自のブログ・サイトを運営していること

・独自ドメインを持っていること
・Googleポリシーに準じたサイトであること

WordPressで独自のブログ・サイトを運営していること

WordPressに限定しているのは、言い過ぎかもしれませんが

結論、無料ブログではないことが重要です。

アメブロなどではGoogleアドセンス審査は通りません。

次のことにも関わってくるのですが、ドメインが自分の住所みたいなものですので上記でも少し触れましたが、独自ドメインでないと審査は通りません。

もう少し深堀しますと

無料ブログですと、URLがパス形式や、サブドメイン形式になってしまうので

アカウント申し込み時点でアウトになっています。

   

✔️独自ドメイン取得方法

   

ドメイン名だけでアクセスできること

サイトURLがドメイン名だけになっていることが重要です。つまりドメイン名の配下にサブディレクトリがあると審査されないということ。下記の形がベストになります。

https://napoblog.com

この形がベストでして、もしサブディレクトリにWordPressをインストールしてしまった場合はカンタンにサイトURLを変更できるため【WordPress】URLをドメインだけに設定する方法【カンタンにできます】を参考に行ってみてください。

Googleポリシーに準じたサイトであること

Googleアドセンスポリシーとは、Google、広告主、広告掲載者が互いに良好な関係を続けていくための、

アドセンス広告運営におけるGoogleの方針になります。

常識の範囲内でサイト運営をしていれば、ポリシー違反にはならないはずです。

念のために下記を読んでおくと良いでしょう。

Googleアドセンス審査に落ちた場合は?

Googleアドセンス審査に落ちた場合、利用要件を満たしていない理由がメールにて通知されます。

具体的に通知されないため、予測でしか対応できないのですが

下記がよくある理由です。


・コンテンツの内容が不十分

・オリジナリティあるコンテンツ
・他者のコンテンツと似ていないか
・読者にとってよみやすいコンテンツか

自分で問題が改善できたと思ったら、再審査を申請してください。

短期間に何度も再申請をすると。機械的に弾かれる場合がありますので

1週間ぐらい空けてから再申請してください。

まとめ

いかがでしたか?

今回、Googleアドセンスの審査基準について解説しました。

まとめますと

審査前にチッックしておくこと


・コンテンツ内容

・お問い合わせがあること
・Googleポリシーを守っている

     

※補足

Googleアカウントは1つでしか、アドセンス登録できません。

もし間違えて2つ目をアドセンス申請してしまうと、少し面倒なことになります。

ですが、片方をアカウント閉鎖すれば問題ないので安心してください。

今回は以上になります。