【現代の闇】ニート、引きこもりを続けるとどうなるのか?【結論、お先真っ暗な人生】

life


「ニートになるとどうなるの?」

「引きこもってなにかいいことでもあるの?」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「ニートになるとどうなるのか?」について解説していきます。

結論、お先真っ暗です。

本記事ではニートについて深堀していきます。

スポンサーリンク

ニートとは

ビンテージ, 家, 自転車, ホーム, アーキテクチャ, 外観, 古い家

Not Employment Education Trainingの頭文字を撮って

NEET。

アルバイトもしない、学校、専門学校も行かない、職業訓練も受けない、基本何もしない人の事を意味します。

ニートの特徴

・運動していないから、太っている
・髪ボサボサ
・夜型
・基本的に陰キャ
・服装は地味目

完全な主観で書いてますが(笑)

まぁ〜概ねあっていると思います。

ニートはどういう人がなるのか?

・就職はしたけど、人間関係で辞めて家に引きこもる

・そもそも働くのが嫌な人
・家が金持ち

など

ニートの一日の生活

まず昼夜逆転が多い。

1、夕方起きて、ゲーム

2、夜中までゲーム。

3、朝に就寝。

これが定型。

散歩をしている人もいるけど、

基本的には家で引きこもって何かをしている。

オンラインゲーム、いわゆるPCゲームをずっとやっているなど。

漫画読んだり、夕方まで寝ていたりとダラダラした生活を送っているのが典型。

ニートの人口はどれぐらいいるのか

病気、怪我で療養中の人を含めて約80万人いるとのこと。

 

スポンサーリンク

ニートの末路

女性, 絶望, 損失, カバー, 悲しみ, 恐怖, 女の子, 死別, 喜怒哀楽

老親がずっとニートの子供を見ていかなければならない。

永遠には無理。

こういうケースがある

・親が死んでも気づかない。
・両方死んでる。
・親から見放される
(子供に「もううちらはあなたの面倒見れませんと」書き置きだけ残して、親たちが出ていくというケースも)

正直、結婚はできない。男性は無理だと考えます。職歴も金もない人間とは誰も結婚はしません。

女性は相手がいて年齢が若ければいけると思いますが、30代からは厳しいですね。

33歳ぐらいから結婚できる確率は3%ぐらいにまで落ちます。絶望ですね
働けない、結婚できない。

そうなると、バイト生活になります。低収入で死ぬまで暮らすことに。

やりたいことや好きなことが一切できないということです。

人生つまらなくないですか?

わたしはつまらないと思います。というか大多数の人がつまらないと言うでしょう。

ニートは就職ができるのか?

結論、アルバイトでも雇ってくれる所は少ないと考えます。

職歴がないので、仕事を教えてもできそうにないし、色々問題がありそうだと思って雇わないケースが多い。

しかし、職業訓練校では無料でしかも給付金を貰いながら勉強ができるので、こちらをオススメします。

というより選択肢としてそこしかないんじゃないかな?って思う。

オススメはマッハバイト ですね。YouTubeのCMでよく流れていました。

ニートの人は見たことがあるかもしれませんが、マッハバイトでは採用されたら最大1万円、最低でも5000円もらえます。かなりありがたいですよね。

そして、バイトの案件も多数あり即日でお金がもらえるのも魅力。

こうしたところでバイトを探すのもありです。

ニートの人がいきなり正社員で就職は難しいため、バイトから探すのが1番の近道です。上記のマッハバイト のように採用されたら、お祝い金がもらえるとことで探すのが自立への第一歩だと考えます。

マッハバイトの登録はこちらから↓↓

アルバイト情報なら“マッハバイト”

まとめ

ニートはクズだとか、パチンカスに言われているが

正直、羨ましい。(笑)

個人の意見になっちゃいましたが

ただ、親はいつまでも生きてないし、

大金持ちで受け継ぐのであればいいんじゃないかな?

それ以外は無理です。

自分でなんとかするしかないんですよね。国は生活保護とかで助けてはくれますが、働けるのなら働けと言われるでしょう。

国も本当は生活保護なんて支給したくはないんです。しかし、支給しないと人が死んでしまうため、しかたな〜〜く出しているんです。

それを理解していただきたいです。

生活保護は甘えだとか世間で言われていますが、半分正解で半分間違いですね。

病気とか怪我で働けない人のためのものでして、それらに該当するのであれば受給してもいいんです。

ただ働きたくないという人のためにある制度ではありません。

そういう人が明らかに多すぎるんです。だから世間から甘いと思われているんですよ。

少しづつでいいので、アルバイトから探してみることをオススメします。

今回は以上になります。

↓合わせてお読みだください

関連記事:個人で稼ぐチカラを身につけたい!!【やることたった2つ】

関連記事:人生は短いからムダなことはしたくない。【効率よく生きる3つの方法】