映画「トランスポーター」感想を書いていっちゃいます。

Movie

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「トランスポーター」の感想を書いていきます。

この映画を久しぶりに観ました。

2002年の映画ということで、ジェイソン・ステイサムが若い!

色んな発見があったので、お知らせしていこうと思います。

スポンサーリンク

映画のあらすじと概要

主人公のフランク・マーティンは、黒いBMW735i(E38)を愛車とする運び屋(トランスポーター)である。高額な報酬と引き換えに、どんな品物も時間厳守で目的地に運ぶことを生業としている[2]。そして彼は自分の仕事に対して「契約厳守」「(依頼者の)名前は聞かない」「依頼品を開けない」の3つのルールを課し、同時に運び屋としての信用を得ている。また、彼は特殊部隊に5年いた経歴を持ち、その天才的な運転技術と共に各種格闘術にも長けている。フランクはある組織から仕事を請け負い、品物の大きなバッグを受けとり目的地へ向かう。しかし、輸送中に車がパンクをする。修理のためにトランクをあけると品物が動いているのに気づく。はじめは無視を決め込むが、自らに課したルールの1つ「依頼品は開けない」を破ってバッグの中身を開けると、中には手足を縛られ口をテープで封じられた中国人の女が入っていた。フランクは女に飲み物を与え、トイレに行きたいという要求を聞いてやるが、そのために森の中に逃げられてしまう。

引用:wikipedia

ストーリーについて

トランスポーターシリーズ第1作目。

まず思ったのが、ジェイソン・ステイサムが若い。(笑)

感じたのは、運び屋のフランクの車・BMW735iはどんな改造すればあんなのになるの?

ボタン一つでナンバープレートを変えられるところとか、ナンバーが複数ある時点で謎。

あと気になったのが、最初方の銀行強盗シーンで警察から逃げるときのBMWの右ミラーが取れてたり取れてなかったりするのがある。

よくわかんないんだけど、複数台で撮影しているからこうなったのかもしれないですね。真相は闇の中。

ドライブシーンはプロが代役してるでしょうから、それも関係してるのかも。

最大の見どころはやはり格闘シーンは圧巻ですね。見てて気持ちいい。

トランスポーターシリーズ3作品すべてジェイソン・ステイサムの格闘シーンは見せ場になります。

トランスポーターシリーズではフランクはあまり銃を使わないイメージですが、本作品では少しだけ使っています。少しだけ。

2002年公開の映画のため、ジェイソン・ステイサムがすんごい若い。当然ですが(笑)

初々しい。

あのね。最近の作品を観てもらうとわかるのですが、オジサンですよ(笑)

だいぶ鍛えて仕上がってますが、かなりオジサン。オジサン好きにはたまらないと思います(笑)

キャストの他の出演作

主演ジェイソン・ステイサムはいまやアクションスターとして地位を確立してますね。

おすすめなのが、「バンク・ジョブ」ですね。あまりアクションシーンはないのですが、ストーリーが面白かったのでかなりおすすめします。

アクションシーンを存分にみたいなら、「アドレナリン

あとはアクションスター総出演のエクスペンタブルシリーズは必見ですね。

 

ヒロインのライ役のスー・チーはあまりよくわからないのですが、日本コカ・コーラの烏龍茶「煌」のCMに出演していたとのこと。

ぜんぜん覚えてないですね。

まとめ

ジェイソン・ステイサムの出世作。

ジェイソン・ステイサムは元水球のイギリス代表だった経歴もあるぐらいで、体がムキムキに仕上がっているのが羨ましい。。。。

なんか筋トレしている人はこの映画を観ると、より筋トレしてムキムキになってやるぞ〜っていう気分になります。

いや、マジで!!

アクションを観るよりもジェイソン・ステイサムの体に注目してみてください。