映画配給会社の仕組みをくわしく解説します!

Movie

こんにちは、三代目ナポリタンです。

今回、映画配給会社の仕事内容について解説していきます。

そもそも映画配給会社とはどのような仕事をしているのか

本記事では徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク

映画配給会社の仕組み

映画, 監督, 拍手, 映画館, カメラ, エンターテイメント

映画配給の仕組みと流れは結構知られていないものですね。

今回、映画配給の流れをカンタンに解説いたします。

制作・配給・興行」の3つの過程があります。

制作

アニメや実写映画の企画を立て、制作を行う工程。

アニメではスタジオジブリが有名ですね。実写映画では角川映画などがあります。

配給

この工程で作られた映画を購入して、

宣伝を行います。

ハリウッド映画などを買い付けてくるのが、配給会社になります。

目利きが必要な工程で、ヒットするかを判断しないといけません。

ある程度の経験と知識が求められます。

興行

映画館や興行会社がこの工程を担います。

配給会社に映画料を支払い上映します。

ワーナー・マイカル・シネマズなどやユナイテッド・シネマズが有名ですね。

映画配給会社の仕事とは

城, 城跡のArnstein, 1000年, 非常に古い, 映画のセット, 破滅

ハリウッドで制作された映画を買い付けてきて

日本に持ち込み、公開して利益を得る仕事です。

なんといっても、ハリウッドで俳優や監督と会ったり

世界中の映画祭などで取材したりなどができます。

そして最高なのが「未公開映画」を先取りして観れることですね。

それを観てどう評価して、購入するのかを決定する目利きが大事になってきます

その力を養うのには、アウトプットする能力を上げることが近道です

たとえば、映画を観てその感想をブログに書くのなど。

こうすることで文章力が上がりますし、目利きをする力を養うことができるのです。

就職に役立つ専門学校がある

映画配給会社に入るのにおすすめなのが「専門学校」に入ることです。

マイナビ進学

映像制作や俳優養成など映画に関係する職業に就くための

専門学校で勉強することで、配給会社だけでなく

芸能の道も開けるかもしれません。