【Mac向け】タスクマネージャーでアプリを強制終了させる方法

Mac

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、Macにてアプリを強制終了させる方法を解説します。

アプリが固まってしまい落としたいときにタスクマネージャーの立ち上げる方法を説明します。

スポンサーリンク

「Command+Option+Esc」でダイアログ起動

「Command+Option+Esc」でダイアログを起動させます。

「Google Chrome」を落としたい場合は、選択して「強制終了」をクリック

これで終了になります。

Windowsとの違い

Windowsの場合、プロセスを強制終了させたり、CPUやメモリの使用状況を確認するなどはタスクマネージャーを使います。

Macの場合はプロセスの終了は、上記の「アプリケーションの終了ダイアログ」を使い、CPUやメモリの使用状況を確認するときは「アクティビティモニタ」を使います。

アクティビティモニタ起動方法

MacのCPU、メモリなどの使用状況を調べたいときに「アクティビティモニタ」を使います。

起動方法は3通りあり、それぞれを解説していきます。


・Launchpadから起動

・ユーティリティーフォルダから起動
・スポットライトから起動

それぞれを解説していきます。

Launchpadから起動

Launchpad」を起動

その他」をクリック

アクティビティモニタ」をクリック

ユーティリティーフォルダから起動

Finder」を起動

その状態から「Command+Shift+U」を同時に押します。

ユーティリティフォルダ」が表示されるので、その中からアクティビティモニタを選択して起動。

スポットライトから起動

Ctrl +スペースキー」を同時押ししてスポットライトを起動します。

※スポットライトとは、検索窓のようなものでPC内のアプリケーションを検索できます。

このスポットライトに「アクティビティモニタ」と入力。そしてエンターキーを押下。

まとめ

MacとWindowsはかなり仕様が異なります。

Macでは上記のように「アクティビティモニタ」や「アプリケーション終了のダイアログ」を使います。お好きな方法で使ってみてください。

今回は以上になります。