【プロティン】ゴールドスタンダード デリシャスストロベリー味がおすすめな件。

exacise life

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「ゴールドスタンダード デリシャスストロベリー味」をご紹介します。

結論、マジで飲みやすくてハンパない。

このゴールドスタンダードは結構人気でして日本でも飲まれているプロティンになります。

オプティマム・ニュートリションというメーカーから販売されているプロティン。

味は22種類。これだけあると味に飽きて飲むと辞めるとかはないですね。

スポンサーリンク

国産プロティンとの違い

わたしはゴールドスタンダードはまだデリシャス・ストロベリーしか飲んだことがありませんが

日本でかなり売れているであろう「SAVAS」と比べると断然ゴールドスタンダードの方が美味しいです。

1番重要なタンパク質の量が違いすぎます。

         SAVAS(21gあたり)       ゴールドスタンダード(31gあたり)

タンパク質    15g             24g

脂質       1.4g             1g

炭水化物       2.5g              3g

種類       5種類            22種類

計量スプーン1杯の量が違いますが、タンパク質の量があきらかにゴールドスタンダードの方が多いです。

あと飲んでみないとわからないのですが、SAVASはぱさぱさした味。ゴールドスタンダードは喉ごしがよくスッと胃の中に入るのでかなり飲みやすいです。

より筋肉を付けたいのならタンパク質が多いゴールドスタンダードを飲んでください。

そもそもプロティンは筋肉が付きやすいのか

そもそもプロティンを飲むことで筋肉が月やすくなるのでしょうか。

トレーニングをして筋肉を傷つけた状態をタンパク質で修復できるからよりプロティンで筋肉を付けやすくなるということになります。

おすすめはトレーニング後30分〜45分以内に摂取すること。

ちなみに45分以内という時間は、たんぱく同化と呼ばれる現象がピークを迎えている時間帯。

たんぱく同化とは、体内のアミノ酸がタンパク質へ変わり筋肉を形成する作用のこと。

そのため、トレーニング後45分以内にタンパク質を摂取すればよりカラダをつくる手助けをしてくれます。

まとめ

最近、トレーニーが増えてきましたがプロティンを飲んでいても、タンパク質が少なかったりなどもったいない傾向にあるんです。

SAVASなどタンパク質が少ないものよりゴールドスタンダードの方がより効果的に筋肉を付けることができます。

まだプロティンを飲まれていない方もぜひ最初の1杯はゴールドスタンダードで!!