映画「エンド・オブ・キングダム」感想を書いていっちゃいます。

Movie

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、映画「エンド・オブ・キングダム」の感想を書いていっちゃいます。

ひとこと、VFXが多い。違和感半端ないなという印象。

まぁ〜ストーリーはよかったので、観てもいいと思います。

スポンサーリンク

映画のあらすじと概要

アメリカ合衆国は、世界各国でテロを扇動している武器商人のアミール・バルカウィに対するドローン攻撃を行った。
2年後、ベンジャミン・アッシャー大統領のシークレットサービスであるマイク・バニングは妻リアの出産を前に、危険な今の仕事を辞めようと考えていた。 そのおり、イギリス首相のジェームズ・ウィルソンが急逝したとの一報がホワイトハウスに入る。大統領は他の主要国首脳も参列する葬儀に出席するためにアメリカ合衆国シークレットサービスのマイク・バニング、シークレットサービス長官のリン・ジェイコブズと共にロンドンへ渡る。

厳重な警戒体勢が敷かれているロンドンだったが、葬儀会場のセント・ポール大聖堂に向かっていたカナダ首相とその妻を乗せた車が突如、爆発した。それと同時に、他の首脳たちも警官や救急隊、近衛兵に紛れていたバルカウィの手下らによって一斉に攻撃を受ける。バニング、ジェイコブズや大統領も攻撃を受け、応戦しつつセント・ポール大聖堂から車で逃走する。追跡してくる敵と銃撃戦を繰り広げた末、大統領専用ヘリコプターに乗り込み、空港へと向かう。しかし、今度はロンドン上空にて、ビルの屋上にいたテロリストから、スティンガーミサイルによる攻撃を受ける。マリーンワンは墜落し、ジェイコブズは致命傷を受けて死亡する。バニングと大統領は追っ手の追跡を受けながら、ロンドン地下鉄チャリングクロス駅へと逃げ込む。

引用:wikipedia

ストーリーについて

英国首相が亡くなり、国葬が開かれ主要国首脳が会場に向かう中米英以外の首脳が暗殺されてしまいます。

まぁなんかよくあるあるなストーリーですが、、、

気になったところが、警察にまで敵が入り込んでいることなんてある?

相当に用意周到に準備しているのはわかるけど、セキュリティ緩すぎじゃない?

あっさりドイツの首相は殺されているし、日本の首相なんて向かっている途中で橋を爆破されて海落とされて殺されてるしね。(笑)

ここまでやられると世界ダメなんじゃなないかとも思ってくるわ。

まぁフィクションなんで、現実で起きたら第三次世界大戦になるね。

それはさておき、イスラム系が首謀者というのもなんかアメリカの意図を感じるのは自分だけなんでしょうかね。

テロ起こすのはイスラム系が多いのはわかるんです。宗教対立など大昔からの因縁などがあるので

こういう映画を観て育った子供たちはイスラム系に嫌悪感を抱く様になるんじゃないのかな。

イスラム系がすべて悪いわけではないのだけど、あまりにも思想主義が過激で欧米諸国とは相容れないので

これから先何十年経ってもイスラム系とは和解できないと思う。

テロを起こして何にも生まれないし、何も残らないから。

そんなことを考えながら本作品を観てました。

キャストの他の出演作

主演のジェラルド・バトラーは「幸せの1ページ」「マシンガン・プリーチャー」がおすすめ。

大統領役のアーロン・エッカートは「エリン・ブロコビッチ」や「ペイチェック 消された記憶」

副大統領役のモーガン・フリーマンは「ロビン・フッド」が好きですね。中世のいい感じの怖さが出てて当時VHSで買って観たのを覚えてます。

TED2」「ダニー・ザ・ドッグ」などがおすすめ。

リン・ジェイコブズ長官役のアンジェラ・アセットは「ミッション:インポシッブル/フォールアウト」「Mr&Mrs スミス」など。

まとめ

シリーズ2作目。

VFXがわかりやすい感じが気になりましたが、ストーリー的にはよかったと思います。