そもそもブログの文字数って何文字ぐらいがベストなの?【長すぎず短すぎで3000文字ぐらいがベスト】

Blog

「ブログを書く時の文字数の目安はどれぐらいだろう?どれぐらいの文字数を書けば良しとされるのだろう〜」

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、こんなお悩みにお答えします。

結論、何文字でもいいです。

長文だと長ったらしくて読みにくいとか、短いと情報が少なくてだめなのかなと感じるかもしれませんが、文字数よりも内容が重要。

Googleのクロールが廻って、Webサイトを評価しています。
今は文字数よりかはユーザーに有益なコンテンツを提供できるWebサイトが評価されるため、文字数は重要ではありません。

スポンサーリンク

文字数は関係ないということ


・見出しがある

・漢字が少ない
・文章や言い回しが理解しやすい

それぞれを解説していきます。

文字数よりもデザイン性と読みやすさが重要になってきます。

見出しがあること

見出しがあるのとないのでは、読みやすさに違いがあります。

・見出しがない記事

・見出しがある記事

このような違いがあります。

見出しを作るのは見ばえだけでなく、Googleの評価も違ってくるのでぜひ見出しを作ることをおすすめします。

漢字が少ない

漢字が少ないほうが、読みやすい。

漢字ばかりだと堅苦しくて読むのを止めてしまいます。漢字がムズカシイと読めない人もいたり読者が離脱する原因になります。

いろんな年代の人が読める記事を書くことが、読まれる記事を作るポイントになります。

文章や言い回しが理解しやすい

文章構成や漢字の少ない点もそうですが、理解しやすい文章になっているかが重要。

・「〜であろう点」→ 「〜な点」

・「さまざまな」 → 「いろいろな」

ほんの一例ですが、まわりくどい言い方ではく「スッと」入ってくる言い方が読者に好まれます。

Googleが評価するために、ある程度の文字数は必要


・最低1000文字以上

・理想は2000~3000文字

文字数が少なすぎると、Googleから評価されないため最低でも1000文字は必要です。

最低1000文字以上

タイプライター, ビンテージ, 書き込み, 文字, 活版印刷, 古い, レトロ

1000文字って意外に少ないです。

普段から文章を書いている人であれば1000文字はすぐにオーバーします。

たとえば、見出しが2つの記事でも1500文字ぐらいにはなります。

ですので、1000文字程度であればちょっとやる気ないのかなっていう印象。

1000文字でまとめられるのであればいいのですが、少しムズカシイです。

ブログで本当にユーザーに有益な記事を書こうと考えているのであれば、すぐに1000文字は越えてしまいますから、1000文字は最低ラインということですね。

理想は2000~3000文字

ユーザーが読みやすい文字数が2000〜3000ぐらいです。

長すぎると離脱される可能性が高いので、あまりおすすめできません。

図や写真が入っていて見ばえがいいというのも重要ですが、それでも10000字を超えてくると正直、読むのがダルいです。

3分ぐらいで読み終えるのが理想的です。

まとめ:文字数を気にしていたら、ユーザーに有益な記事は書けない

ユーザーに有益な記事を書いていたら、

「あっ!いっけな〜い!1万字超えちゃった〜!」

というぐらいがいいのです。

最初から文字数を気にして書いていたら、内容に中身がない記事なら書く意味はないです。いわゆるゴミ記事です。

なんどでも言いますが、ブログで稼ぐためにはユーザーに有益な記事を書き続けることが重要です。

ブログの目的は人それぞれだとは思いますが、
「ブログで生活」をしたいと考えているのならばユーザーのための記事を書くことを忘れないでください。