映画 「ラヂオの時間」感想を書いていっちゃいます。

Movie

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、映画「ラヂオの時間」感想を書いていっちゃいます。

当時観たかったんですが、観れなくて今のいままで忘れてました(笑)

三谷幸喜作品です。

やっぱり外れないですわ。三谷さんは。

みんな若いですよ。

スポンサーリンク

映画のあらすじと概要

ラジオ局「ラジオ弁天」で、普通の主婦である鈴木みやこがコンクールに応募した脚本作品が、ラジオドラマに採用されることになった。ドラマは生放送で、熱海を舞台にした平凡な主婦と漁師の恋の物語。
リハーサルも終わり、プロデューサー牛島龍彦の言葉にみやこは期待を寄せるが、主演女優である千本のっこのワガママから端を発し、放送直前で次々と脚本に変更が加えられていく。そして舞台はアメリカのシカゴ、登場人物は女弁護士とパイロットに変更となった。
SEも間に合わず、途中で辻褄が合わなくなってしまうが、生放送中なのでやり直しが効かない。急場を凌ぐ形で、様々な設定を変更して辻褄を合わせていった結果、メロドラマは大スペクタクル映画のように変貌を遂げてしまい、その辻褄を合わせる度に次々と様々な問題が浮上して来る。
さらにはエンディング内容まで変更されることになり、自分の作品を台無しにされたみやこは、ついに堪忍袋の緒が切れてスタジオに立てこもり、「これ以上ストーリーを変えるようならもう放送はさせない」と言い出す。しかし彼女の必死の説得も虚しく、番組は続行されてしまう。
ディレクターの工藤学は、せめてラストだけは彼女の思い描いた通りにするよう牛島に訴えるも、却下され、工藤は番組途中でディレクターを外されることになる。工藤はのっこを除く俳優陣にスタジオ外からこっそりと連絡を取り、彼らの協力を得て、なんとかみやこの思い描いていたエンディングを迎えることに成功。無事に放送が終わったことに、みやこも工藤も牛島も俳優陣も、胸をなでおろすのだった。

引用:wikipedia

ストーリーについて

ラジオ局弁天のコンクールに応募した普通の主婦・鈴木みやこの脚本作品がラジオドラマに採用されることになった。

主役を演じるのはベテラン女優。

だけど、そのベテラン女優のわがままのせいで、どんどん台本が書き直されわけのわからないストーリーになる。

感じたのは登場人物がしっかりキャラが作り込まれていて 個性的な俳優が演じているからこそ作品として面白い。

しっかりしている人と適当な感じの人と両極端に分かれていて役割分担ができているのも評価が高いです。

それぞれがやりたいようにストーリーを変えていくから、ぶっちゃけわけのわからん作品に仕上がっているのも面白いです。

最初から通してみたら意味不明だと思います。

三谷作品をそんなに観てこなかったんですが、コメディ作品が多いですよね。

ヘビィな笑いよりライトな笑いという感じで、さっぱりと観れるのでわたしは好きです。

おひょいさんの役どころをもっと増やして上げて欲しかった。

キャストの他の出演作

唐沢寿明は「白い巨塔」「とと姉ちゃん」「小早川伸木の恋」などがおすすめ。

三谷作品では「王様のレストラン」朝ドラ「わろてんか

西村まさ彦は「古畑任三郎」シリーズや「超高速!参勤交代」シリーズなど。

戸田恵子は「清洲会議」「THE 有頂天ホテル」「ステキな金縛り

小野武彦は「踊る大捜査線」や「やまとなでしこ」「ザ・マジックアワー

モロ師岡は「あゞ荒野」「桜田門外ノ変」「シン・ゴジラ

田口浩正は「それでもボクはやってない」「チーム・バチスタの栄光」「本能寺ホテル

梶原善は「記憶にございません!」や「マスカレード・ホテル」「私は貝になりたい

奥貫薫は「半落ち」「ALWAYS 三丁目の夕日」「恋妻家宮本

まとめ

フジテレビの中をメインで撮影されていて、いろんなキャストが出ているので見落としがちですが

よーく観てると桃井かおりだったり、宮本信子だったりと出ているので探してみるのも面白いです。

古い映画ですが、今みても「あの人若い!」とかいろんな発見があるのでぜひごらんください。