創造性を高めるスイッチの入れ方をお教えします。【結論:潜在意識を身につけること】

life

「創造力を高める方法を知りたい。仕事がクリエイティブで、わずかな情報からコンテンツを生み出すために創造力を豊かにしたい。」

想定読者


・創造力を高めたい人

・アイディアを生み出すチカラをつけたい人

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「創造性を高めるスイッチを入れる方法を解説します。

仕事をする上では特に創造性が求められます。0→1を生み出さなければいけないために、創造する力を養ってバリバリ生み出してください。ビジネス面でこの創造力がとくに重要になってきます。ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

創造性を高めるスイッチの入れ方

創造的です, 創造的であります, 書き込み, 電球, アイデア, 紙, ペン

創造性を高めるとは、どういうことか。

才能のスイッチが入ると発想が豊かになっていきます。

これは芸術的なことにかぎらず、営業をやるにしてもマーケティングにしても
多くの分野で「創造性」の発揮が未来を変えていきます。

潜在意識を味方につける

創造性を発揮するということは、
自分の中の豊かな潜在能力が存在していることを信じる」ということ。

ここを信じることができなければ、発揮する方向には行きようがないのです。

つまり「自分には才能やセンスがないから」という心では、アイディアが出てきません。

まずこの心の枠組みの鎖を外してあげることから始めましょう。

スイッチを入れるための下準備

野菜, スライス, ナイフ, 牛刀, ピーマン, ネギ, ニンジン, タマネギ

何事も基礎を固めることが重要です。

家を建てるときも、土台をしっかりつくらないといくら建物を立派に作っても
土台が揺らぐようでは意味がありません。

土台とは

自己理解や、心構え、そして仕事への向き合い方や、準備の姿勢、探究心。つまりマインドのことです。

それらを、習慣として自分のなかにしっかりと定着させていることが重要です。

日々の習慣が重要

習慣が変われば、毎日の生活が変わります。

そして、習慣が変わることにより
ブレーキとなる心の枠組みがどんどん外れ始め
マインドが成長し人生もやがて大きく変わってきます。

必要なのは、変えさせようとする勇気なのです。

スイッチを入れるための行動

フェッチ, スティック, 子犬, 犬, アクション, 動物, 再生, 楽しい

前の章にて、土台についてお話しをしました。

次は、上に立つ建物についてお話しです。

その建物とは「スキル」です。スキルとは有効性の高い知識です。

しかし、知識があるだけでは、実践力として発揮することはできません。

実践力は、知識に基づいた行動が繰り返されて初めて身につくものです。


「有効性の高い知識(スキル)× 行動(習慣)= 実践力」

ここで行動習慣がカギとなります。 


知っている→できる→やっている

この流れで最後の「やっている」という段階までいけば、もうそれは「習慣」といえます。

習慣になってしまえば、もうそれほど強い意志がなくても、日々の行動習慣として、「当たり前にやっている」状態になります。

スポンサーリンク

創造性を生む3つのチカラ


・観察力

・質問力
・ハイブリッド力

この3つの行動スキルについて解説していきます。

観察力

双眼鏡, バードウォッチング, スパイのガラス, スパイ, 日の出, 時計, 見

その道のプロと呼ばれる人は、優れた観察力を持っています。  

そういった人たちは、ものごとや人について観察をよ〜〜くしているのです。

駅や街などで、観察を通して発見したものを、創造的なアイディアにつなげています。

観察力とは「気づくチカラ」であるということ。

近所もしばらく歩いていないと、お家がなくなっていたり、立て直して別の家に変わっていたりなどすることがよくあります。それらを日ごろから観察していたら気づくはずです。

ただぼーっと見ているだけなのか、注意を払って観察しているのかで結果はちがいます。

質問力

質問をやめるな

この言葉は、アインシュタインの言葉です。

息をするように自然に質問を繰り返すことが、創造力につながります。

先に挙げた観察力が身につけば、自然と質問が出てきます。

質問は人に対してする場合もありますが、
息をするように随時質問をしている状態では、
そのほとんどは、自分に向けて質問をしています。

そして、普段から自分に向けてしている質問が膨大に積み重なっているがゆえ、その道のプロや知っている人を前にすると、
自然にどんどん質問がしたくなるのです。

質問は「発想のタネ」です。

タネをたくさん植えれば、より多くの収穫を期待できます。

より多くの収穫があれば、
そのなかにダイヤモンドのように輝くアイディアの果実を見つけられる確率も上がっていくのです。

ハイブリッド力

創造性とは「いかに組み合わせるか?」の勝負である場合がほとんどです。

たとえば、iPhoneを始めとするスマートフォンは、電話とPCの組み合わせであり、アマゾン.comを始めとする書籍のネット通販も、書店とインターネットの組み合わせです。

ここで大事なことは、「いかに最高のタイミングで市場に送り出すか?」

早すぎてもまだ市場が追いついてこないし、
遅すぎても既に先手にポジションを埋め尽くされた状態になっているベストなタイミングは黎明期が終わる前までに参入するのが良いというが、定説です。

これを可能にするのが、情報をいち早く手にして、関連づけを行い、組み合わせるチカラです。

これが「ハイブリッド力」といいます。

異質なものを組み合わせて、それまでにない優れたものを生み出すチカラ。
自分の取り扱っていることの範囲だけで発想していても、このチカラは作られません。

まとめ

いかがでしたか?

創造力を豊かにするとメリットが多いだけでなく
仕事の幅が広がるため、ビジネスマンにとっては必須のスキルだと考えています。

筆者自身もこうしてブログを書くために「創造力」を豊かにするために本記事のことを日々実践しております。

よかったらやってみてください。