映画 「42〜世界を変えた男〜」感想

Movie

こんにちは三代目ナポリタンです。

今回、「42〜世界を変えた男〜」の感想を書いていきます。

正直、いらっとしました。

全員ではないのですが、白人の黒人に対しての差別が酷すぎて観るの止めようかなと思うぐらい。

今でも黒人差別がひどいのに、第二次世界大戦終わりのころなんて凄まじかったのがこの映画でよくわかりました。

特に敵チームの監督の野次がひどい。気持ちが悪い。

スポンサーリンク

映画のあらすじと概要

1947年、ブルックリン・ドジャース(ロサンゼルス・ドジャースの前身)のゼネラルマネージャー・ブランチ・リッキーは、ニグロリーグでプレーしていたアフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソンを見出し、彼をチームに迎え入れる事を決める。だが、当時はまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグも白人だけのものだった事から、彼の入団は球団内外に大きな波紋を巻き起こす。ロビンソンは他球団はもとより、味方であるはずのチームメイトやファンからも差別を受けてしまい、孤独な闘いを強いられる。しかし相手球団の監督の罵倒や危険球に耐え、必死にプレーする彼の姿が、やがてチームメイトや観客の意識をも変えていく。

引用:wikipedia

ストーリーについて

メジャーリーグの初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの伝記映画。

ニグロリーグでプレーしていたジャッキーをブルックリン・ドジャースのリッキーが見出してチームに入れることから始まります。

ドジャースの選手からは拒否され、ファンからも強く拒否されます。

ですが、オーナーのリッキーはジャッキーを守ります。「どんなにひどい差別を受けたとしても怒るんじゃない。耐え抜け!」と

この時代の黒人選手はかなり精神的に辛かったと思います。

野球がしたくてもできない人がいっぱいいて、差別で苦しんで思うような結果が出ない人もいたでしょう。

そんな状況の中でジャッキーは結果を残していくことの素晴らしさ、パイオニアじゃないですか。

ちなみにジャッキーを称えて彼が付けていた42番はアメリカ・カナダのプロ・アマ全チームで永久欠番になっています。

キャストの他の出演作

ハリソン・フォードはもう言うまでもなくスターですね。

その中でも「エアフォース・ワン」や「ホワット・ライズ・ビニース」「パトリオット・ゲーム」がおすすめ。

名作と言われるものばかりを挙げました。

レオ役のクリストフアー・メローニは「12モンキーズ」や「マン・オブ・スティール」など。

ジャッキー役のチャドウィック・ボーズマンは「アベンジャーズ・/インフィニティ・ウォー」「ブラックパンサー」がおすすめです。

この俳優は2020年に亡くなられているんです。これを書いているとき知ってビックリしました。残念です。まだ若いのに。

まとめ

第二次世界大戦後のアメリカがいかに黒人差別がひどいのかがよ〜〜くわかる作品。

正直、不快でしかなかった。

作品自体はいいのに、少しもったいないなと思いました。