どんな大学生活をムダに過ごしたって、社会人になったら幸せに過ごせるんだよ?

Job life

こんにちはゲスブロガーの三代目ナポリタンです。

わたしは社会人生活10年目ですが、ハッキリと感じます。「大学生活をムダに過ごしたな」と。

生まれも育ちも東京なんですが、大学生の精力的な活動っぷりはすさまじいなって思います。

留学している人、起業している人など自分の道を目指すために日々行動している人。

大学ってこんな選択肢があったんだなって、大学へ行って良かったとも思っています。

一方で、「マジで大学生活ムダに過ごしたな」って人も少なくないはず。

わたしもその一人なんで。でもわたしは社会人になり、大学のときよりも幸せに過ごしています。

なので、たとえ大学をムダに過ごしても大丈夫ですよ。

社会人になったら、それはそれで幸せに過ごせますから。

楽しいのは、大学まで。その後は40年近く苦しい日々が続く」と言っている人もいますが、

そんな人らの言うことを聞いてたらおしまいですよ。

今回は「大学時代をムダに過ごしても社会人で幸せに過ごす方法」と「大学時代を無駄に過ごさないためにやっておくべきこと

を書いていきます。

スポンサーリンク

筆者の堕落した大学時代

教室, レクチャー ホール, 大学, 教育, 学校, 茶色校, 茶色の教育

典型的なクソ大学生でした。

真面目に通ったのは、ギリギリ1年の夏休み前まで(笑)

そこからはいかに楽に単位を取れる授業に出るか、サボるか(笑)

基本的にバイトばっかしの大学生活でしたね。

適度に飲み会をして、適度に恋愛をして大学生活を終えてしまいました。

忘年会とか新年会に生まれて初めて参加したのも、大学のとき。

そのとき確信したのが、お酒は飲めない。(カラダが受け付けない)

今後の人生なんて1ミリも考えてなかったし、まわりと同じように就活をして

内定をもらったところに就職しました。

会社と家との往復生活から抜け出した社会人生活

会社と家の往復の生活

入社から半年ほど経つと、徐々に仕事にも慣れて忙しくなってきました。

残業して帰宅すると疲れてすぐベッドにダイブして爆睡して、朝が来て支度して飛び出すように家を出る。

そんな毎日を繰り返していくと、自分の人生がまるで”仕事のために生きている”のかのような感覚になっていきました。

仕事のために早く寝て、仕事のために早く起きる。土日は昼まで寝る。仕事のために日曜の夜は家で過ごす。

こんな生活をいつまで続けるんだろう?」と思ったら急に焦りを感じるようになったのです。

違うことに挑戦してから、人生が変わった

前職で経験したことが、今のブロガーとしての生活をするきっかけになったのです。

以前いた職場ではほぼ何も仕事をさせてもらえませんでした。

ただデスクにいるだけ。何も仕事を触れらることもなく、出社して定時で退社する。そんな生活でした。

かなり苦痛でしたね。このままではいけないと思い、何か違うことをしたいと行動するようになったのです。

SNS上で見た稼いでいるブロガーの生活が羨ましてく、「自分もこんな生活をしたい」と思うようになりました。

自分がどう生きたいのかがわかると、そこに共感した仲間が集まります。逆に今後のことを特に考えず、目的もなく毎日を過ごす人には同じような仲間が集まります。

過去の経験はどうでもいい。”これからの人生をどう生きるか”が大事。

手, 植物, 土, 成長, 自然, 雨が降ってください, 降雨, 雨

就活をしていると「今までどんなことをしてきたか」「どんな学歴をもってるか」を見られたりして、

過去をなにも考えずにダラダラと過ごしてきた人は「ちゃんと活動してきた人と違って、何かすごいことを成し遂げるなんてできない」って思うかもしれません。

結局は過去は変えられないので、今からなにをすべきか考えたほうがいいです。

過去をムダに過ごしたって、これから何を経験するかで人生は180℃変わる。

筆者はこれを身をもって体験したので、間違いないです。

もっと楽しく人生を生きたい」「幸せを感じたい」と思うのなら、自分がなにを幸せなのかをよーく

考えたうえで、いますぐに前へ一歩踏み出してください。

勇気がなくて、いま一歩踏み出せない人は楽しそうにしている人と一緒の時間を過ごしてください。

ですので、「大学時代をムダに過ごしたなぁ。。。」と落ち込む必要はなくて

これからの時間をムダにしないよう何をしようか」と考え行動することが大事なんです。

大学生がいまをムダにしないためにすること

ではいまの大学生は「大学生活をムダに過ごさないためにすべきこと」はどうすることなのか?

筆者は「自分の強みを知ること」だと思っています。

就職するにしても独立するにしても、自分がどの場所でどんな力を出させるかが分かっていれば

ほぼ100%充実した社会人生活を送れるようになります。

もっと早くこれに気付いていたら、わたしも回り道せずに自分の好きなことを好きなように生きれたと思っています。

自分の強みなんてわからん」という人は多いと思います。それを考える機会なんて少ないですからね。

わたしも自分の強みを見つけて今の仕事をするまで、トライ&エラーを繰り返してきました。

だからこそ、今の大学生には時間をムダに過ごしてほしくないんです。